新紙幣フォントに「謎すぎる」仕様が発覚!デザイナーから総ツッコミ! | 秒刊SUNDAY  

新紙幣フォントに「謎すぎる」仕様が発覚!デザイナーから総ツッコミ!

新紙幣が2024年頃から変わるという報道で、早速変更される紙幣のデザインが公開されました。時代が変わるとともに、紙幣のデザインも20年周期で変わり、何となくまた一つ平成が古いものになる実感があるわけですが、こちらのデザインでちょっとまたネットでツッコミが入っているようです。さてどんなものなのでしょうか。

新紙幣のデザイン

さてこちらが、新しいデザインの1万円札です。まず目につくのは10000の文字の大きさ。現在は大きな漢字で「壱万円」と記載されているわけですが、今後はユニバーサルデザインを意識したのか、アラビア数字を大きく表示しております。これは他の紙幣も同様で、5000円、1000円が大きく表示されております。

そんな中、デザイナーの間ではちょっと気になるツッコミが入っております。それは10000円と1000円の「1」のデザインが異なるということです。

並べてみますとたしかに10000円の「1」は左に垂れ下がっている。対して1000円の「1」は棒です。これは「あえて」なのか、それとも「ミス」なのかはわかりませんが、デザインの業界で言えばフォントは揃えたいところ。

しかし1000円と10000円を区別するための何らかの意図があると汲み取ることもできそうです。ネットではこの違いに「気持ち悪い」との声も。

詳しくはわかりませんが、1000円、5000円は「Gill Sans」のようなフォント、10000円はまた別のフォントのようです。

現段階ではデザイン案ということですので、今後この仕様が変わる可能性もあるわけですが、探せば探すほど、新たな技術が投入されているのはいつものことです。

現在使われているホログラムも使われるようですが、もしかしたら偽造防止のために紙幣の中に特殊なICチップか何か埋め込まれているなんてこともあるのかもしれませんね。

この紙幣変更発表でごもっともすぎるツッコミが入りましたが

今のうちにレアな旧紙幣は確保しておきたいところです。

3 COMMENTS

匿名

デザイナーなら逆に違う理由がわかるのでそんなこと言わないと思いますが…

匿名

「デザイナー」っていう上級国民が税金を貪り食うための仕組みを五輪パクリロゴの時さんざ見せられたわけじゃん
これは税金をフトコロに入れるシステムから外された「上級」が手下のデザイナーに因縁を付けさせてるだけ
たかが札のフォントが綺麗になってホルホルするために数憶数十億というカネを上級に盗ませるつもりか?

匿名

海外からの人や、色盲など目には障害のある人にわかりやすくするため?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。