紙幣刷新にネットで「もっとも過ぎる」総ツッコミ!

紙幣のデザインが変更されます。前回は2004年に変更され、20年ぶりに変更される見込みで、平成から令和に改元されるにあたって景気のはずみがつくと期待される中、紙幣刷新本来の目的としては新しい技術の導入等により、偽造防止を図る狙いがあるようです。しかしそんな中、とんでもないツッコミが入っております。

紙幣刷新とは

紙幣刷新により、1万円札は渋沢栄一、千円札は北里柴三郎、5千円札は津田梅子となります。しかし、この中に入っていないのは、忘れてはいけない「2000円札」。今ではもはや手に入れることは入手困難となってしまったこの紙幣。沖縄ではまだ現役のようですが、令和に元号変更とともに消えていく運命なのでしょうか。

それよりも、政府が推し進めておりましたとある事業があったわけですが、それについて案の定総ツッコミが入っているようです。

キャッシュレス化しろよ

さすがに次回の紙幣刷新で国内全てのシステムをキャッシュレスにすることは難しいのかもしれませんが、それを推進させる狙いであるならば、むしろ早い段階で紙幣刷新させ、20年の猶予をもってキャッシュレス化を進めるほうが良いのかもしれません。

沖縄で2千円札が現役なのか確かめた結果も衝撃的でしたが

はたして2040年頃にはさすがにキャッシュレス化が進んで紙幣って何だろうという時代が来るのでしょうか。

1 Comment

匿名

そもそもキャッシュレス推進しまくってる国って、下層民の識字率に問題があったり偽札が多すぎたりして自動決済やキャッシュレスに移行せざるをえない国だからな
日本でキャッシュレス化に金かけてもリターンが少ないんだよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。