イマドキの女子大生は「パパ活」や「ギャラ飲み」もOK!?月収100万超えもいてビビる!

イマドキの女子大生のお金事情が明らかになった。そのアンケート調査には、衝撃的な内容も含まれていた。ベールに包まれたイマドキの女子大生の財布の中身。そしてバイト事情についての驚愕リポートを、今日はお届けする。新入生そして、その親世代も必見!

女子大生のお財布事情

まずは女子大生の月収

6万1000円~9万円という層が圧倒的に多い。しかし、今流行の動画配信収入などで、月収100万以上という女子大生も存在した。

バイトの中身

飲食店が圧倒的に多い。しかし、5位のBAR、7位のガールズバー、10位の撮影モデルが、イマドキっぷりを存分に発揮している。

パパ活やギャラ飲みも・・・

今、ネットを賑わせているパパ活。「パパ活についてどう思いますか?」という質問には、批判的な意見が目立つ中、「利害が一致しているなら問題無い」「そういう生き方もある」という回答も。また、「ちょっとは興味ある」「性関係が無ければ是非したい」といった肯定的とも取れる意見もあった。

新形態「ギャラ飲み」の実態とは・・・

飲み会に参加するお礼として、男性が女性に謝礼を支払うギャラ飲み。「ギャラ飲みしたことがありますか?」という質問には、5%の女子大生が「ある」と回答。「したことがある方は、一度の飲み会で最高いくらもらえましたか?」という質問には「1500円」といった比較的安価な謝礼から「1万円」、さらには「5万円以上」という高額な回答も挙がった。

女子大生の華麗なる活躍史

こんなバイトの形もあった。当時、一世風靡した、オールナイトフジという、とんねるずと女子大生が、出演していた番組からデビューした、三人組ユニットおかわりシスターズ。名付け親は片岡鶴太郎氏。

東海大学の現役学生立見里歌や、現役女子大生内海和子が加入していた、伝説の課外活動、おニャン子クラブ。

おニャン子クラブ奇跡の再結集

充実の4年間

モデルや学生キャスターとして活躍中の女子大生は、今の時代も存在する。夢に向かっている姿は、輝いていて美しい。人生において、とっても貴重な4年間であり、この期間で「何を得たか?」が、後の就職活動にも大きく影響してくる。「想い出に残る、胸を張れる4年間」を、存分に満喫して欲しい。

掲載元 PRTIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000019847.html

掲載写真 写真AC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。