50インチ29,800円の「4K液晶」購入者から悲痛の声がこだまする

いよいよオリンピックを来年にひかえ、大きなテレビを購入し心待ちにしている家庭も多いのかもしれません。4K・8Kなど高画質な放送もはじまり、いよいよ超高画質テレビが家庭にやってくるのが当たり前になってきます。しかし、でもそんなテレビさぞかしお高いんでしょう?いえいえ、こちらは29800円です。

4K液晶で29800円

話題となっておりますのはピクセラ社の50インチ 4K 液晶ディスプレイ (PIX-50MX100)という代物で、通常の価格は59,799円ですが、アマゾンで29,800円という非常に安価で一時期販売されておりお祭り状態となったものです。40インチ代でも4〜5万するのは当たり前のこの状況で、50インチでしかも4K対応となると、むしろ価格を間違えたんじゃないかと疑うほど。

しかし、いざ購入してみると、意外な落とし穴があることが判明。購入者から悲痛の叫び声が聞こえてきているようです。

ネジ以外付属品がない。

HDCP 2.2が見られない。公式サイトには「HDCP 2.2対応」と記載されている。さらにテレビは見られない。画質が綺麗ではない、などなど。

テレビが見られないのはいかがなものかと思うのかもしれませんが、そもそも商品名が「50インチ 4K 液晶ディスプレイ」ですので、どこにもテレビが見られるとは記載されておらず、よくよく見れば、ただの「モニター」であることがわかります。

また「4K対応」という表記は4Kを表示できるということで、4K放送がこのまま見られるというわけではなく、別途「4Kチューナー」が必要になります。

4Kテレビと4K対応テレビについてはこちらで詳しく説明しております。

色々と疑問の残るこの商品ではありますが、現在受注ストップとなり購入はできない状況です。今後、この問題が大きな炎上に繋がる可能性もゼロではありません。

画像掲載元:いらすとや

3 COMMENTS

匿名

騒いでるのは情弱だけでしょ
HDCP2.2問題なんて秋葉にいけば3千円、Amazonで売ってるのでも6800円の機器で回避できるのにな

匿名

詳細見たら納得したよ。

皆、隅まで確認しない人多すぎ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。