JKも驚愕!「映え」の文化はここまで来ていたと話題に!

インスタ映えという文化はいつになったら落ち着くのだろう?最近では僕が行くような滅茶苦茶安い居酒屋なんかでも料理をとったり、乾杯シーンを写真や動画でとっている人がいる。これが昼間のオシャレなカフェなんかだと、もう写真撮ってない僕の方がおかしいのか?と思うほど。そんな文化は、人だけにおさまらなかったようだ。

見よ!このメスのゴリラ達を。見事に自撮りの向こうで可愛く映っている。よく見ると左の子はアバッキオの立ちポーズ、真ん中の子はブチャラティが涙目のルカの殺害犯を尋ねてくる時のポーズなので、ジョ女子だという事までわかる。

このゴリラ達はそれぞれ、「ンダカジ」と「ンデゼ」という名前だそう。しりとりに強そう。人間でいうとまだ幼い頃に密猟者に親を殺された子達だそうで、手前に写っている男性を含む保護官の人達を親だと思っている模様。しかしながらこの子達は気落ちせず人間の物まねをしたりしながら、とても生意気な子達に育ったらしい。

インスタ映えなんていう言葉が古い!と話題になりましたが、ゴリラ界では最先端。「生意気に育つ」という所がまたなんだか、とても人間らしいゴリラ達でした。

画像掲載元:いらすとや

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。