怖すぎ!聖徳太子の予言「4月30日に大地震」というツイートが拡散! | 秒刊SUNDAY  

怖すぎ!聖徳太子の予言「4月30日に大地震」というツイートが拡散!

ノストラダムスの予言は世間に多くの不安を残し、結局不安を煽っただけで何も起きないというよくわからない結果に終わりました。そんな不安が再度訪れようとしております。この平成が終わる4月30日に東京でとんでもなく巨大な地震が発生するというということです。果たして本当なのでしょうか。

聖徳太子の地震とは

問題となっている聖徳太子の予言とは以下のようなものです。

「私の死後200年以内に、山城国に都が築かれ、1000年に渡って栄える(=平安京)。しかし『黒龍』(=黒船)が訪れ、都は東に移される(=東京)。しかしその東の都は200年後、『クハンダ』が来て、親と7人の子どものように分かれるだろう」

この予言を推測するに、天皇陛下の譲位と新天皇の即位が行われる、2019年4月30日~5月1日に「クハンダ」が来るということです。

クハンダとは、とんでもない災をもたらす悪魔のようなものです。つまり4月30日に悪魔が降臨する、つまり大地震が起きるのではないかと推測されているのです。

ネットではこの問題に対し不安を煽られる利用者が多発しております。

せっかく陛下の「お気持ち」表現で円満に平成が終わる予定ではありましたが、この予言が確かならば、非常に残念な令和の幕開けとなってしまいそうです。

そうならないように祈りたいものです。

あの人気芸能人が薬物で逮捕された際に、予言があったようですが

このような予言はネットに山程転がっております。

画像掲載元:写真AC

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。