ウソ発見器合格した「預言者」2045年にとんでもない動物園があると発言 | 秒刊SUNDAY  

ウソ発見器合格した「預言者」2045年にとんでもない動物園があると発言

未来というものは誰もがわからないものです。過去に関してはデーターや記憶があるので存在するのですが、存在しない未来を語ることは、不可能に近く仮に未来を知っていたとしても、あえて違う行動をとってしまえば、それは違う未来になってしまい、ハズレることとなります。そんな中こちらの男性が話題です。

ウソ発見器に合格した2045年のタイムトラベラー

さてタイムトラベラーと名乗る方は多く存在しますが、その多くは「怪しい」人物です。エイリアンが攻めてくる・核戦争・巨大地震。ありとあらゆる方向で人類滅亡させるシナリオを描いているわけですが、どれも信憑性に乏しく、また現実味がありません。

そんな中こちらの男性は、TV番組で「ウソ発見器」を通し、そのテストに合格したということです。つまり「ウソ」をついていないということです。

その男性によりますと、2045年の大統領、とんでもない動物園、とんでもないやつの襲来について語っております。

2045年に起こること

さて、まず2045年の大統領は誰なのでしょうか。

それはズバリ、キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)の孫娘ヨランダレニーキングになるということです。2045年での年齢は36歳。まだ若いのですが、あながちなくもないこの予言に納得せざるを得ないのですが、次の予言が衝撃的です。

「恐竜動物園」ができるとのことです。

恐竜動物園とは動物が恐竜になったもので、いわゆるジュラシックパーク的なものかと思われますが、ティラノサウルスとヴェロキラプトルがいるとのことで、完全なるクローンだそうです。

またエイリアンもやってくるとのことで、なかなか2045年はアツいようです。とはいえ、あと20年という非常に身近な未来ですので、ジュラシックパークなどは早めにクローン技術を完成させなければ間に合わないような気もします。

未来といえばこちらのターミネーター2の技術は可能になったようですが

2045年。期待したいところです。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/time-traveller-2045-passes-lie-14192798

画像掲載元:写真AC

5 COMMENTS

匿名

ウソ発券器(ポリグラフ)は、その原理を把握していればかわす方法はある
発汗や動悸の乱れなどは訓練次第でかなり抑え込むこともできる
また、本人が本気でその嘘を信じている場合、それは本人にとって
嘘でも何でもない真実なので、嘘と言う反応が出ない

匿名

この記事を書いた人は予言者と預言者の違いがわからないアホ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。