あれ台風どこ?令和初の台風、ツイッターで捜索される

令和初の台風として注目されておりました、台風3号ですが今朝日本野南会場を東に進み、その後温帯低気圧に変わる見込みです。中心の気圧は996hpaで中心付近の最大風速は20m/s(40kt)の風が吹いている状況です。今後次第に勢力を弱めていく模様ですが、梅雨前線の活動も活発化しており引き続き注意が必要とのことです。

台風はどこへいった?→今夜台風じゃなくなります。

気象庁によりますと、6時現在台風は館山市の南南西約60kmにあり、このまま東に進んでいくとのことです。直接的な影響はないものの、梅雨前線の影響で台風一過とは行かず、引き続き大雨に注意してほしいとのことです。

ネットでは、本日は台風の影響を受けるという報道を受け万全な体制を整えるも、まさにどこ吹く風と言った具合に、何の影響もない状況に首を傾げるユーザーも居るようです。

SNSでは「台風どこ」など、心配する声も寄せられておりますが、実はこの台風、昨日台風3号となったのですが本日夜には台風ではなくなります。令和初の台風は、あっという間の台風だったわけです。(台風の定義は最大瞬間風速が18m以上の熱帯性低気圧)

台風のシーズンは8月9月がピークとなります。

8割が勘違いしている予報円の真実も知っておきたいところですが

今後、梅雨明けには本格的な注意が必要になりそうです。

画像掲載元:気象庁・pixabay
https://www.jma.go.jp/jp/typh/1903.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。