ハイパーメディアクリエイター高城剛の現在!「安全な日本」の為の危険な思考がヤバすぎる!?

女優、沢尻エリカさんの元夫と言う事で一躍有名になった高城剛さん。「ハイパーメディアクリエイター」という肩書きが当時話題となりましたが、いったいどのような仕事をしていたのかわかりにくということでメディアで解説もされました。そんなハイパーメディアクリエイターの高城剛さんが、現在世間を賑わしているあの問題について独自の理論を説いていたと話題になっています。

高城剛の今は?

沢尻エリカさんと結婚していた当時は「ハイパーメディアクリエイター」という職業がイマイチよく分からないと話題となりましたが、今思えば時代の先駆者といった感じでしたね。

現在は海外を飛び回り、「高城未来研究所」として地球規模で企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをする仕事をしており世界を相手にしていると言う事もあって、かなりグローバルな発言もしています。

日本では今話題となっており、かなり危険な話。

それがこちら。

「日本製大麻」を東京で作るべき

2018年10月、カナダが主要先進国で初めて娯楽目的の大麻が合法化されたこともあり、WHOも大麻に関する見解を大きく変化させたことで、高城剛さんが次のようにコメントしています。

お金のかかった「日本製大麻」を東京で作ることが、粗悪で違法な大麻の流通に歯止めをかけることにも繋がるでしょう。

引用 https://www.mag2.com/p/news/382716/2

「海外では合法」「大麻で町おこし」「海外の大麻企業に取り残される」「大麻は依存しない」といった情報が溢れていますが、これこそが危険な状態だと厚生労働省が注意喚起を行っています。

参考 https://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/yakubuturanyou/taima01/index.html

高樹沙耶も日本大麻推奨

東京選挙区で新党改革から医療用大麻の解禁などを訴え落選した元女優の高樹沙耶も、大麻を所持していたことで逮捕されました。

高城剛さんも高樹沙耶と同じように、大麻解禁を推進していましたが一体これは何を意味するのでしょうか。

元KAT-TUNの田口淳之介容疑者が大麻所持で逮捕されましたが、

リーガルハイでこの事を予言していたとも話題となりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。