昭和→平成の雰囲気が全然違う!と話題に

昨日で平成が終わり、令和元年となりました。年越しそばを作って食べる人や、お祝いをする人たちで溢れ、カウントダウンをしてみたりと、大みそかが来ているかのような大盛り上がりのお祭り騒ぎでしたが、そこで昭和から平成へ移り変わるときはどうだったのでしょうか?その当時の映像が話題になっておりました。

まずは平成→令和の瞬間をご覧ください

そしてこちらが昭和から平成になった瞬間

なんだか暗い...というか、非常に厳か。それもそのはず、この時と平成→令和では決定的に違うものが一つ。昭和天皇は崩御されたから年号変更、しかし今回お祝いムードになっているのは平成天皇がまだご健在であり、上皇となったためなんですね。

Twitterの反応

https://twitter.com/kyuuriiii003/status/1123382602646179840

銀座のネオンが消えていた、というのが想像つかないですよね。

日本中が喪に服していたあの時は、たしかに全くお祝いムードではなかったですね。

https://twitter.com/rakunoracehorse/status/1123255606389792768

平成から令和へ変わる瞬間は、お祭り好きな日本人にとって、本当にお祝いムードで迎えられたのが良かったですよね。自分はギリギリ昭和世代ですが、この瞬間は子供だったのであまり覚えていませんが、令和に変わる瞬間は地球上にいなかったという昭和のギャグを実践する若者が多くいたことからも、今回の改元は非常に素晴らしいものになって本当に良かったと心から思います。

画像掲載元:いらすとや

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。