スッキリで社員7割「発達障害の会社」栗原類が取材にネット衝撃 | 秒刊SUNDAY  

スッキリで社員7割「発達障害の会社」栗原類が取材にネット衝撃

発達障害を抱える方々は最近多く見受けられ、日本ではその症状を割と認知されつつあります。かくいうタレントの「栗原類」さんも発達障害を告白しているわけですが、そんな中日本テレビの朝の情報番組「スッキリ」で社員7割が発達障害の会社を取材し話題となっております。

社員7割が発達障害の会社

この日放送されているのは、社員の7割が発達障害という衝撃的な企業となり、その取材をタレントの栗原類さんが行っております。

発達障害とは、忘れ物等が多かったり人の話を集中して聞けないなどの「ADHD」などの症状もしくは、人の気持ちを理解することができないなどの「ASD」等々、特に集団行動等で極めて問題を抱えてしまう障害を抱えてしまう総称です。

日本では5〜6%

なお、日本では5〜6%の方が該当し、そのうち男性が7、女性が3という割合のようです。

取材先の会社「グリービジネスオペレーションズ」では発達障害に対する様々な対策が施されれているようです。事例としては

・細かいスケジュール管理(連絡事項に名前が入っている)
・デスクに電話を置かない。
・ヘッドフォンを付けて仕事をする。
・ブラインドを閉める。
・仮眠室を設ける。
・机に仕切りがある。

など。

そんな中、このテーマに関して多くの方々が反応を見せており、中には同じ症状を抱える方からの切実な思いを打ち明ける方も。

番組では加藤浩次は「発達障害も個性を活かせば会社のためになる」と説明、世の中に理解を求めました。

最近問題となりつつある職場でのこうした問題。

はたして発達障害は今後より認知度を高め受け入れられることはできるのでしょうか。

画像掲載元:いらすとや

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。