切ねえ。正体不明のお友達を育てる猫が「かわいすぎか」と話題に

おキャットさま。神がつくりし最高傑作とも名高い作品(神が作った名作として他にいぬ、パンダ、コアラ、橋本環奈などが知られている)そんな僕も、今現在家のネコに邪魔されながら記事を書いています。おっと、隙あらば自分語り&自虐風自慢すみません。今回紹介するのは、とってもお気に入りのお友達(?)といつも一緒じゃなきゃ気が済まないねこちゃん!

はいカワイイー!それにしてもエグイ気に入り方ですね。ごはん食べづらくないのかな(笑)

Twitterの反応

キュートにも程がある!

おお...プリティ。

ホントそれ。すみません。カワイイ以外の言葉を探してもそれしか言葉が見つかりませんでした。

誤飲には重々注意してあげよう!

なるほど。うちのネコも実際、猫じゃらしはなんかよく枕元や僕の前に置いて来たりするので、誤飲には気を付けないといけませんね。

それにしても、なんで毛玉にごはん食べさせてあげようとしたり寝かせてあげたりするんだろう?子猫と勘違いしているのでしょうか。それはちょっと切ない!

最近になって、ネコが自分の名前を理解していることも発覚したわけですが、どこからどこまで理解していて、どんな意図で行動しているのかよくわからないところが猫の最大の魅力の一つですよね!

ところで、トップ画はわたしのネコ(のうちのひとり)さ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。