ロスジェネ世代の「就職あるある」がもはや「いじめ」と話題に!

ロストジェネレーション世代とは、就職氷河期時代に社会に放り出されることになった、別名「貧乏くじ世代」と呼ばれる悲しき世代。いや、別名といえばロストジェネレーションも別名なんですが。まあそれは置いといてその氷河期から逃れられなかった世代は、よくやり玉にあがる「バブル世代」とは全く真逆の悲しきあるあるが存在するのです...

こんな阿保みたいな引っかけというか、失礼な話が本当にあったんですね。バブル世代の説明会に来ただけで全員合格で海外旅行もプレゼント!みたいな扱いとは真逆ですね。

Twitterの反応

立場で態度を変える実験、みたいな話を思い出しますね。

そんな人とは関わりたくないな...という人の典型ですね。

都市伝説としか思えませんが、そんなのめちゃめちゃ面接行きますよね。週5で。まあ、そんなこと思ってる奴(僕)は受からないだろうけど。

何をもって貧乏くじ世代とか言われてるんだろう?とかおもっていた僕もその世代の一番最後の世代ですが、こうやってみると「ああ、うん貧乏くじ世代だな」と心で理解しました。

最近でも、阪急のはたらく言葉たちが反感を買ってコラなんかが盛り上がってましたが、置き去りにされた世代はこれからどうにかなっていくんでしょうか。

画像掲載元:ぱくたそ

1 COMMENT

匿名

イジメ(笑)
こんなアホどもは社会に出なくて良かったんじゃないかな
被害者面してる無能なんか社会は必要としてないんだし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。