怖すぎ!性欲過敏となり下半身が千切れるまで腰を振る「ゾンビウイルス」がセミに蔓延!

なんとも不気味な奇病が流行っているということです。なんと自分の下半身がゾンビ化してしまうという恐ろしいもので、まさにあのホラーゲームで言えば「かゆうま」案件なわけですが、そんなことが実際にありえるのでしょうか。もしこれが事実であればとんでもない騒ぎとなりあの世界で最も恐ろしい病気「エボラウイルス」どころではないはずです。

下半身が腐る病気とは

まず安心ください。こちらの病気、人間ではなく昆虫です。特にセミ。

しかしながら、これは例えセミであろうと恐ろしい病気です。問題のウイルスに感染するとセミは「性欲過敏」となり、いわば性の虜となり相手の体が引きちぎれるまで体をこすり続けるということです。

どういう心境で腰を振るのか定かではないのですが、廃人となった相手が死ぬまで腰を振る・・・そして自分も引き裂かれる。そんな恐ろしい現実があるとは衝撃的です。

なんとも奇妙なこのウイルスは、キノコのような性質を持っており、地中でひっそりとセミが成虫になるのを待ち、成虫となった段階で10日以内に発病するというなんとも厄介な性質をもっているそう。

ただしこのウイルスはもしかしたら新しい医薬品の開発にもつながるかもしれないと期待を寄せているようです。

ゾンビ人形と結婚した男も話題になりましたが

人間にも影響がないとはいえませんので、これが人間に感染しないことだけは祈りたいですね。

掲載元
https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-7187219/Deadly-infection-makes-insects-hypersexual-ZOMBIES-causes-limbs-genitals-fall-off.html?ito=social-twitter_dailymailus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。