男は恐怖!インドで「息子」が2日間硬直する奇病にかかった男性が緊急手術される | 秒刊SUNDAY  

男は恐怖!インドで「息子」が2日間硬直する奇病にかかった男性が緊急手術される

人類にとって最大の「目的」は何になるのでしょうか。人生を楽しくまっとうすること、歴史に名を刻むこと、子孫を残すこと・・・様々な意見がありますが、安心してください。50億年後には地球はおろか太陽系も消滅するので、そんな目的は結局消えてしまいます。そんな中、子孫を残したいと考えている方、ある意味これは羨ましくもあり恐ろしくもあるわけです。

2日間立ちっぱなしの息子になる病気となった男性

今回話題となっているのは、インドの52歳の男性です。男性は2日間息子が立ちっぱなしになるという、男性にとって恐ろしすぎる奇病にかかってしまい、更に息子の先端が壊疽を発症し、病院に行った結果手術をしなければならないという非常に耐え難い精神的な苦痛を味わったということです。

痛みを伴うその苦痛を取り除くためには、その精神的なものは我慢すべきなのか、手術をする以外の選択肢はなかったのですが、意を決してソレを切断したということです。

これはインド北部のラクナウにあるキングジョージ医科大学で発生した非常に珍しい症例として、イギリスの医学誌「British Medical Journal」に掲載されたということです。

イギリスの国営医療サービス「NHS」によると、この病気は、違法性のあるED系の薬を服用すると症状を発症する恐れがあるということで警鐘を鳴らしているということです。

イカを食べて受精した女性も奇妙な現象ではありましたが

とにかく、ネットで怪しげな薬を安いからと言って購入するのは非常にリスキーなので辞めたほうが良いという実例なのかもしれませんね。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/world-news/man-who-two-day-erection-14237484

画像掲載元:写真AC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。