98%が読めない漢字「魎魅魍魑」にドヤ顔回答集まる。

最近ではクイズ番組などでもよく登場する「難読漢字」。  「十八番」や「伊達」などそれなりに読めるものから、「銅鑼」や「唐土」など知る人ぞ知るなものまで様々ありますが、Yahoo!知恵袋に寄せられた「日本人の98%が読めない漢字!!これ読めますか?」と題した投稿が話題となっています。

―「魎魅魍魑」

こちらに提示されている漢字は「魎魅魍魑」。むしろ、この文字は書くのが難しく読むのは意外に簡単ではと思う人もいるでしょう。

一見すると魑魅魍魎(ちみもうりょう)と読んでしまいそうなこの漢字、予想通り「ちみもうりょう」とする回答が相次ぐ結果に。

・「ちみもうりょう」でしょうか。意味はたしか醜いものが群がっている様子だったと思います。
・どちらかといえは「読めるけど書けない」の代表格だと思いますけど・・・「ちみもうりょう」に3千点。
・ちみもうりょう。京極夏彦さんの作品を読んでいる人ならば、難なく読めますよ。

ですが、漢字の並びをよく見てみると、「ちみもうりょう」の場合は「魑魅魍魎」であるのと比較し、今回の漢字は「魎魅魍魑」。そう、1番目と4番目の漢字が入れ替わっているのです。

あえて読むとすれば「りょうみもうち」ということのようですが、この入れ替わりに気がついた人は少なく、多くが騙されてしまったようでした。

よく、思い込みで文字を見ていると入れ替わっていることに気が付かなかったり、間違っていることに気がつかないことがありますが、こちらもそういう思い込みを利用した釣り投稿だったようです。

(ライター:Yohko Kitashima)

11 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。