悲報!「有給義務化」で中小企業のとんでもない事実が発覚と話題に。労働局に聞いてみた。

4月1日より「働き方改革」の一環として、労働基準法39条の改正が実施される。この改正に、中小企業が「戦々恐々」だ。これが、実際に実施されると、会社が潰れてしまうという声が上がっている。一方で、これさえ守れない企業は、潰れてしまえ!という意見も出ており、ブラック企業対勤労者の構図も浮かび上がって来た。

今回は、勤労者の悲鳴にスポットを当てる。

思わぬ発言の波紋

中小企業「有給を付与したら潰れる」

それもう会社の体を成してないから潰れた方が世のためなのでは…

有給が義務化されると、「潰れちゃいます」と言われるという、ある社労士さんの発言が波紋を呼んでいる。この改正に関して、神奈川労働局を取材した。

神奈川労働局への取材

まず今回の法改正で、有給が取得出来る勤労者に対しては、最低5日以上、使用者が必ず与えなければならない。以前は、勤労者が請求すれば、使用者は与えなければならなかった。今回の改正で、勤労者からの請求が無くても、使用者は有給を与えなければならなくなった。

今の有給休暇のシステムは、正社員であれば半年勤務し、全労働日の8割以上勤務すれば、年間10日間の有給休暇の権利が与えられる。そして勤続6年半且つ全労働日の8割以上勤務で、有給休暇のMaxの20日が与えられる仕組みになっている。

その権利を持った従業員に対して、使用者は、請求が無くとも、自主的に最低5日以上の有給休暇を与えなければならないという形に、今回の法改正で変わる。

罰則規定も

この法律の実施から、1年以内に使用者は、従業員に有給休暇の予定を組んで、確実に取得させる必要がある。労働基準監督署がこれを監視し、守られなければ、その使用者に対して指導を行う。悪質なケースや指導を守らない場合は、罰金30万円の罰則が適用される。

ネットの反応

ブラック企業天国ニッポン

某大手保険会社の新人研修の実態を取材したことがある。挨拶、暗唱、限りなきロープレ、深夜までの居残り、怒鳴られる。それは、軍隊そのもので、洗脳の様相。そして、某大手進学塾の新人研修は、新人を泣くまで追い込み、それが深夜まで続いていた。こんなことが、未だに、大手企業で行われている。過労死があちこちの企業で起きているにも関わらずだ。

そして、日本のブラック企業の根本意識に「使い捨て感覚」が蔓延っている。使えない社員は、辞めさせてしまえ!といったような。この時代、そんな企業は、もう社会から淘汰されるべきだ。何者にも代えがたい、ひとの命を大切にしない企業が、社会的使命などを語る資格は無い。

掲載画像 いらすとや

4 Comments

匿名

答えは簡単。
会社は潰れませんが今度は中小企業の社長/役員/管理職が潰れます。

匿名

病院 コンビニは無くなるな。芸能関係とかはどうなるんだろ。

匿名

そんな崩れる寸前のジェンガみたいな会社は無いんだよ。
休み無しで出してた売り上げを毎年に更新なんて無茶を通してきたツケが回って来ただけ。
年間通して少しずつ有給の日数分を経営者がカバーしなきゃならない。
儲け前年同じくらいで有給がつけば結局は会社の得になることを経営者が理解してないんだよ。

匿名

コンプラ遵守とか言ってるくせ、自分らは社内コンプラどころか国家コンプラすら全然守ってねーじゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。