一瞬で 「天かす」を取り除いて油を再利用するライフハック! | 秒刊SUNDAY  

一瞬で 「天かす」を取り除いて油を再利用するライフハック!

ご家庭でてんぷらを揚げることはありますか。揚げたてのてんぷらはとても美味しいのですが、周りに油が飛び散ったり鍋の中に残る油の後始末を考えると、「家でてんぷらを揚げるのはちょっと...。」と考えてしまうということはないでしょうか。鍋の中に残った天かすは、ある程度の大きさであれば「かす揚げ」で取り除くことができますが、鍋の底に残る細かなものはそのままにしておくと焦げて油を汚してしまいます。

油を汚れないようにするには...。

てんぷらに使用した油は、鍋の底に残った細かな天かすを取り除くことにより、1回か2回程度でしたら再利用することができるようになります。特別な道具を準備する必要はありません。冷ご飯があればそれだけで油を再利用できるようにしてしまうライフハックがあるのです。実際に油を再利用できるようにする過程をご紹介しましょう。

てんぷらを揚げる前の油です。

てんぷらを揚げるためにフライパンに新しい油を入れました。油は澄んでいてフライパンの底が見えています。てんぷらを揚げるために大量の油を使う必要はありませんが、やはり炒め物に使う油の量よりは多くなってしまいます。この油でセージ(ハーブ)を天ぷらにしてみました。セージの葉を水溶きしたてんぷら粉につけて揚げました。

てんぷらを揚げ終えたフライパンの状況です。

フライパンの中には天かすが残っています。天かすは「かす揚げ」という調理器具で取り除いて料理に使うことができますが、細かなものは「かす揚げ」の網目をくぐり抜けて鍋の底に残ってしまいます。写真からでも鍋の底に細かな油かすが残っているのがわかります。

細かな油かすを取り除くことができれば油を再利用できるようになるのですが、残したままにして置くと油かすは焦げてしまいます。つまり、焦げているてんぷらをそのまま揚げ続けている状態です。焦げてしまう前に取り除くことにより油を汚さずにすむということです。

では早速鍋に残ってしまった天かすを取り除いてみましょう。上に浮いている天かすは「かす揚げ」で取り除くことができますが、今回は取り除く様子がわかりやすいように残しておきました。

天ぷらを揚げ終わったら、一度火を消してください。

天ぷらを揚げ終わったら一度火を消して油の温度を下げてください。火を消している時間は3分から5分位です。油の温度が下がったら、冷ご飯を入れます。温度が下がりすぎるとうまくいきません。温度が下がりすぎてしまった場合は、もう一度油の温度を上げてください。

ご飯を油の中に入れました。

フライパンの底の方にあるご飯粒から泡が出ているのが見えるでしょうか。泡が出てこない場合は油の温度が低い可能性があります。油の温度を上げてください。

油の中の冷ご飯を、箸で円を描くように回してください。最初のうちはあまり変化はありません。「本当にきれいになるの?」と思ってしまうかもしれませんが、もしそう思っても回し続けてください。鍋の中の様子をよく見ながら混ぜていると、あるタイミングで驚くことが起きます。

冷ご飯と天かすがくっつき始めます。

ご飯と油かすがくっつき始めてくると、油の色に変化が起きます。てんぷら終了後に少し茶色っぽくなっていた油が透明になってきます。

写真の下の方に写っている油を見てください。油がきれいになってきているのがおわかりになるでしょうか。冷ご飯と天かすがくっついてきています。フライパンの底の方にあった小さな油かすも同じように冷ご飯にくっついてきているようです。油が濁っているという感じはもうありません。

ご飯をフライパンのまん中あたりにまとめました。

ご飯と天かすがフライパンの真ん中にまとめました。ぱらぱらした感じはなくもっちりとした感じにまとまりました。鍋の底に残っていた油かすもなくなっています。ご飯には天かすや油かすを吸着する性質があるようです。

ご飯と天かすがまとまったものを取り出しました。

取り出したご飯と天かす、おいしそうに見えませんか。少し口に入れてみるとふっくらとしていました。油っぽいのでこのまま食べることはできませんが、油のついていないご飯と一緒にするとおいしい炒飯を作ることができそうです。

フライパンに残った油です。

フライパンにはご飯と天かすがなくなって油だけが残っています。最初の写真と比べてみてください。決してきれいな油と入れ替えているわけではないんですよ。一度茶色っぽくなった油が最初のような状態になっています。フライパンの周りには飛びはねた油が残っています。

筆者は天ぷらの最後に、残っている水溶きした天ぷら粉をそのまま天ぷらにしてかき揚げを作ります。大きな天かすは「かす揚げ」で取って料理に使ったりします。「かす揚げ」というのは調理器具のひとつで、天かすを作る時にも使うそうです。

天ぷらに使った油は徐々に油の風味が落ちてくるので、再利用できるのは1回か2回ですが、この方法は知っておくと得をした気分になるライフハックと言えるのではないでしょうか。

歩きながらふと足元を見ると靴紐がほどけていたことはありませんか。警視庁直伝!屈強でほどけない「最強靴紐」の結び方が話題に!というライフハックがありました。