KANA-BOONの新曲「まっさら」が飯田祐馬の失踪を予見していた?とネットがざわつく事態に。

KANA-BOONのギター飯田祐馬さんが、6月5日から音信不通となっており警察に捜索願を出しているという報道が世間を賑わしています。そんな中、2019年6月12日にリリースされた「まっさら」の歌詞が、飯田祐馬さんの失踪を予見しているのではないかとネット上がざわつく事態となっています。

飯田祐馬が行方不明に

6月5日から行方が分からなくなっているKANA-BOONの飯田祐馬さん。

ツイッターも6月4日にリツイートした物が最後となり更新も滞ってる状態です。

飯田祐馬さんの失踪を受け、「とにかく無事に発見されますように」「早く帰ってきて」「みんな心配してるよ」「めしだは帰ってくるって信じなきゃ」とファンも安否を気遣う様子が伺えます。

そんな中、先日リリースされた新曲「まっさら」が、飯田祐馬さんの失踪を予見しているのではないかとネット上で噂されています。

まっさらの歌詞が意味深すぎる

6月12日にリリースされたニューシングル「まっさら」ですが、この歌詞を聞くと意味深すぎて飯田祐馬さんとかぶってしまうと話題となっています。

今聞くと飯田さんへ向けて歌っている曲にしか聞こえなくなるという反応が多くなっています。

KANA-BOON 『まっさら』Music Video

「だんだん遠くなってく 君を追いかけていく」「もう一度 話せたら」という歌詞があるように、飯田祐馬さんに対して歌いかけているようだという印象も。

引用 KANA-BOON まっさら

この失踪に、かつて不倫相手だった清水富美加さんが関係しているのではないかとも噂されましたが、

いずれにせよ無事に発見されることを願って止みません。