JR秋田駅でSuica解約しようとしたら、「解約できぬ!」ええええ。

秋田駅で由利本荘市の女性が、Suicaの解約を申し出た。駅構内にあるJR系列のコンビニで購入したカードだったが、窓口の担当者の説明に耳を疑った。「新潟駅に自己負担で行き、解約の手続きを取っていただけますか」。秋田駅と新潟駅を往復すると特急の乗車時間だけで約7時間。運賃は約1万4千円となる。

女性は、駅員の言葉にどう反応したか?

女性は代替策として、「手続き可能な駅でJRに解約してもらい、デポジット(預り金)やチャージ額を秋田駅の窓口で受け取りたい」と提案したが、拒まれたという。新潟に用事はなく、スイカは今も手元にある。「お金をかけないと解約できない。このままでは泣き寝入りになる」と嘆く。

現時点で、秋田県内の在来線はスイカで運賃支払いができない。JR東日本秋田支社によると、スイカを解約できる窓口備え付けの装置は県内にはなく、近県では「仙台」「新潟」の両エリアのスイカ対応駅に足を延ばす必要がある。

県内では系列のコンビニエンスストアなど7店舗でスイカを販売しているが、いずれも解約の手続きは受け付けていない。秋田支社の広報担当者は「『県内では解約できない』と販売時に注意書きを渡すことになっている」と説明するが、女性は「口頭での説明も文書もなかった」と話す。

この件に関するTwitterの反応

利用客に寄り添った対応といえるのか?

自費で新潟駅に行ってと言った駅員は、自分がこの言葉を言われたらどう思うのか?それを想像して発言したのだろうか?「何とか良い方法を、考えて見ますね。少しお時間頂けますか?」。なぜ、この言葉が言えなかったのだろうか。もし、同じ結論だったとしても、親身になって対応してくれれば、怒りを覚えることは無い。「自費で新潟駅まで行って」。こんな相手のことを全く無視した対応は、今、役所でも無いだろう。

何か大きな勘違いをしているのでは、無いだろうか?駅員さん。そして、JRさん!

参照 河北新報

2 Comments

匿名

SuikaじゃなくてSuicaだよ。
検索でヒットしないから気をつけてねwww

匿名

何故にSuicaを解約したいのだろうか?
持っていても別に年会費等がかかるわけでも無いし
デポジットやチャージ額が今すぐにでも欲しいのだろうか?
そうでないならそのまま保有していて解約出来る駅に用が出来た時についでに解約してくれば良いのではないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。