とんでもないコラボ、不二家のホームパイがまさかのペヤングソースやきそば味に

image:秒刊SUNDAY

とんでもコラボをご紹介します。なぜかお菓子コーナーにペヤングソースやきそばが。よく見てみると「ホームパイ」の文字。なんと不二家がペヤングソースやきそばをホームパイに変えていました。ペヤング好きの私はどうしても気になったので、買って食べてみることにしました。果たしてホームパイとやきそばの相性はいかに。

ペヤングやきそばソース味のパウダーをかけて仕上げたホームパイ

こちらの商品は不二家から発売されたもので、2020年6月2日から販売が開始されています。ひとくちサイズのホームパイにペヤングやきそばソース味のパウダーをかけて仕上げているとのことです。ラインナップは「50gホームパイミニ(ペヤングソースやきそば味)」と「34gホームパイミニ(ペヤングソースやきそば味)」の2種類。

50gホームパイミニ(ペヤングソースやきそば味)

image:秒刊SUNDAY

34gホームパイミニ(ペヤングソースやきそば味)

image:秒刊SUNDAY

50gは箱タイプで、本家のパッケージを少し小さくして再現されているので、かわいらしく見ているだけでも楽しくなります。箱の裏面には「湯切り不要?なやきそば味デビュー!!」と書かれています。

image:秒刊SUNDAY

こちらは成分表示です。

image:秒刊SUNDAY

赤字で「お湯は注がないよう、ご注意ください。」の注意書きがあります。その下には「お湯に戻すと多分美味しくありません。」というコメントも。遊び心があって食べる前から楽しませてもらえます。

肝心のお味は?

50gも34gも中に入っているお菓子自体は同じものですが、50gの箱タイプは、箱を開けるとさらにフィルムで包装されています。その包装はソースを思わせるデザインで、食べる直前にも仕掛けられた感じがしました。

image:秒刊SUNDAY

中のホームパイを出すとこんな感じです。小ぶりなひとくちサイズ。袋から開けるとやはりソースの香りが漂ってきます。

image:秒刊SUNDAY

さてどんな味がするのだろう?いただきます。

image:秒刊SUNDAY

口の中に入れるとソースの風味が広がり、ペヤング感で満たされました。けっこういける!パイは甘いという先入観で食べるので意外性にもやられます。近い味でいうと「うまい棒のたこ焼き味」や「キャベツ太郎」などでしょうか。ただしパイなのでこの食感にこの味は新感覚です。パイ生地に染み込んだソースと絶妙な塩加減が食欲をそそります。

いや、これはおつまみとしていただくのが一番なのでは。ビールと合わせるとぜったいおいしいはず!今度はお酒のお供として買いに行こう。おもしろい食べ物でいうと、外国人が日本食をアレンジしたとっぴな料理も衝撃です。

Source:不二家

画像掲載元:秒刊サンデー