昭和の儀式かよ!大阪万博開催決定にネット「呪術的儀式」だと話題に

2025年に大阪万博が約半世紀ぶりに開催が決定し、いよいよ日本が活気づいてきた昨今。東京オリンピックも2年後に開催、そしてその5年後に大阪万博。まさに高度経済成長時代の逆戻りをしているのではないかという印象さえ受けるわけですが、案の定ネットでもそのような見解の方も多いようです。

2025年大阪万博決定

2025年に、55年ぶりの大阪万博開催が決定しました。大阪だけでなくこれは日本中が歓喜に沸いております。というのも、大阪万博といえば、1970年に行われた国際博覧会。あまりも有名な「太陽の塔」は日本の高度経済成長期の象徴とも言えます。

そしてなんと言ってもその前に行われている1964年の東京オリンピック・新幹線開通もそのうちの一つです。つまり日本が再生・復活を遂げるための、まさに「通過儀礼」。

そんな儀式が再び行われようとしていると、ネットでも囁かれております。
第二回の東京オリンピック、第二回の大阪万博、そしてリニア開通。
これらは日本が再度活性化するための「儀式」なのです。

ネットの反応

前回は「敗戦からの復興」そして今回は「震災からの復興」を象徴する世界的にも申し分ないイベントにはなるのかと思われますが、問題はその後一気に冷え切ってしまうのではないかという経験則からくる恐れ。

それを教訓にやや、慎重にならざるをえないわけです。

画像掲載元:Wikipedia