これ居る!横澤夏子の「汚い部屋でTikTokする女」モノマネが似すぎと話題に

最近インスタグラムでモノマネを公開するという芸人は飛躍的に増えてまいりましたが、やはりインスタというツールの特性上、実に効果的であるというのは理解できるわけで、芸人にとっても、面白い・面白くないが可視化されて非常にわかりやすいのがメリットです。そんな中、こちらの芸風が話題です。

横澤夏子のモノマネ

横澤夏子といえば、誰か特定のモノマネではなく「こんな人いる〜」という周囲にいるような、ありがちな女性を演じるというネタです。たとえば、会社にいるウザいOLや、鼻につく店員など、実社会にどこにでも居るような方々です。

そんななか、これは誰もが共感できるのではないでしょうか。最近よくみかけるあの映像たち。そんな映像を作る方々のモノマネ。

そう、TikTokする女。

確かに居ます。

最後の「わたしかわいいでしょ☆(ゝω・)vキャピ」の決めポーズまでしっかりパッケージ化されているのは秀逸です。

モノマネといえばこちらのベッキー旦那モノマネは悪意ありすぎて話題になりましたが

このシリーズを是非とも続けていただき、様々な分野でのネット住人あるあるを構築していってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。