柔軟な考え方で解決?!マッチ棒3本取って三角形を3個にせよ! | 秒刊SUNDAY  

柔軟な考え方で解決?!マッチ棒3本取って三角形を3個にせよ!

13本のマッチ棒を上の図のように並べました。図の中には7個の三角形ができています。13本のマッチ棒の中から3本を取り除くと、三角形の個数を3個にすることができます。どの3本を取り除くと良いのかがお分かりになるでしょうか。三角形を作っているマッチ棒以外のマッチ棒が残っていてはいけません。また、3個の三角形の大きさは同じとは限りません。

7個の三角形を見つけることができているでしょうか。

図の中には7個の三角形ができていると説明しましたが、「7個ではなく6個ではないか?」と考えてしまった人はいませんか。同じ大きさの三角形と考えてしまうと、三角形は確かに6個しかありません。しかし、もう1個大きな三角形も出来上がっています。

7個の三角形をお見せしましょう。一度にお見せするため、マッチ棒は少し縮小しています。

マッチ棒を3本取り除くと、これら7個ある三角形を3個にすることができます。

試しにピンク色の円で印をつけた3本のマッチ棒を取り除いてみましょう。

三角形が3個あります。答えが出てしまったように見えますが、この取り除き方は正しくはありません。三角形を作っていないマッチ棒が3本残っているからです。三角形3個以外にマッチ棒が残っていてはいけません。

では今度は、先ず下の印をつけた2本のマッチ棒を取り除いてみましょう。

印をつけたマッチ棒を取り除くと下のようになります。三角形の個数は確かに3個ですが、余計なマッチ棒も残っています。この方法も失敗でしょうか。

三角形の個数をもう一度確認してください。三角形が4個見えていませんか。4個見えている人は、余計なマッチ棒を残すことなく、三角形を3個にすることができます。

どのマッチ棒を取り除くと良いでしょうか。マッチ棒は、あと1本だけ取り除くことができます。

印をつけたマッチ棒を取り除いてみましょう。

答えです。

図の中にある三角形は3個になりました。マッチ棒を3本取り除くことで、大きな三角形1個と小さい三角形2個になりました。

「えっ?わからないよ!」という人のために、3個の三角形をバラバラにしてみました。確かに3個の三角形がありますね。

最初の図を見た時に7個の三角形を見つけることができた人は、比較的簡単に三角形を3個にすることができたのではないでしょうか。

図を見た時には同じ大きさの三角形6個が目に入ってきて、7個目の三角形には気付けない場合もあるようです。そのような人は同じ大きさの三角形を3個にしようとする傾向があるかもしれません。そのため答えに行きつくまでに少し多くの時間がかかるということになるかも知れません。

1日の中でちょっと気分転換をしたくなる時はありませんか。そんなときにパズルはいかがでしょうか。「パズル」の記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。