ゾゾッ!前澤社長に黒歴史発覚!?恥ずかしすぎる過去が明らかに!

本日ZOZOがヤフー傘下に入ることが報道され、日本に衝撃が走る事態となりました。「ZOZOTOWN=前澤友作」という方程式が成り立ちますが、前澤社長はこの売却劇を機に社長を退任することを発表しています。今後の前澤社長の動向も気になりますが、過去の前澤社長も気になって調べてみたところヤバすぎる黒歴史が存在する事が明らかとなりました。

前澤友作社長の黒歴史がヤバい!

2019年9月12日に、社長を辞任したことをTwitterで明らかにした前澤友作社長。

実業家としてのイメージが強い前澤社長ですが、実は経営者になる前は今とは全く違う想像も付かない仕事をしていたのです。

一体何の仕事をしていたのでしょうか?

それでは前澤社長の前職をご紹介して言いたいと思います!

なんと!!!

ハードコア・パンクバンド「Switch Style(スイッチスタイル)」としてデビューしていた過去があったのです。

何これ・・・めちゃくちゃカッコイイやん・・・。

ストラディヴァリウスのバイオリン弾いてる場合じゃないって!

View this post on Instagram

I purchased Stradivari 1717 Violin “Hamma”. Like Basquiat painting, I would like to make it travel around the world to send its strong and delicate sound to children in every region and country it visits under cooperation from local musicians. #stradivarius #stradivari Sorry for my terrible first violin playing... --- ‪1717年製のストラディヴァリウス「Hamma(ハンマ)」を買いました(8月12日の投稿のType 3がそれです)。バスキアと同じように、世界中を旅させ、現地音楽家の協力のもと、その地域や国々の子供たちの耳にその力強くも繊細な奇跡の音色を届けたいと思います。 #ストラディバリウス 初めてのヴァイオリン演奏に挑戦してみました笑。

A post shared by Yusaku Maezawa (MZ) (@yusaku2020) on

「Switch Styleを再結成希望!」「SwitchStyle再結成に全力を注ぎたいから会社は売ることにしました、とか言い出したら最高に熱い」「ワンチャンswitch style復活という神展開してほしい」というファンからのコメントも。

現在の姿からは想像できませんが、昔のドラマー姿の前澤社長かなりエモいですね。