本田圭佑「10,000円あげます」ただし・・・ノビシロ条件が厳しすぎると話題に

サッカー元日本代表のご存知「本田圭佑」さんがとんでもないツイートをしていることが話題となっております。本気で教え子を育てたいのか「僕が10000円払うので、僕にサッカーを教わりたい人っていますか」と、コーチ料を逆に支払って教えたいということです。ただしその条件があまりにも厳しすぎます。

ワールドカップで優勝を目指すこと

その厳しい条件とは「ワールドカップで優勝したいという人」です。ちなみに現時点で日本のワールドカップの成績は

1998年(フランス) グループリーグ敗退
2002年(日韓) ベスト16
2006年(ドイツ) グループリーグ敗退
2010年(南アフリカ) ベスト16
2014年(ブラジル) グループリーグ敗退
2018年(ロシア) ベスト16

と、ワールドカップに連続出場しているものの、ベスト16位以上に行ったことがないという結果に終わっております。当然この先に行ってみたいという気持ちは誰もがあるわけで、次の2022年ワールドカップ(カタール)では是非ともベスト8には行きたいところ。

ところが本田圭佑はそうではなく、優勝。つまり1位を目指すという前提条件です。これはベスト8どころではない難易度であることは間違いないわけですが、そんな逸材がいるのであれば、お金を払ってでも教えたいという気持ちの現われのようです。

そんな中、なんとあの有名サッカー選手が名乗りを上げております。

長友佑都選手です。

いきなりの人気選手登場にネット上で衝撃が走っておりますが「いきなりのパスカットですか」「本当の覚悟はあるのか」「岡崎も誘ってあげて」などのツッコミが入っております。

本田圭佑選手に教わりたいという人はたくさんいるはずです。ただし、ワールドカップ1位を目指したいという意気込みは、夢では語れますが、あくまで現時点では夢物語で終わってしまうことが多いわけです。

それを実現できるというノビシロ半端ない逸材であれば、確かに10,000円は破格の安さなのかもしれません。

自殺論に持論を展開し波紋を呼んだ本田圭佑さん

今後どのような活躍を見せるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。