「平野ノラ」がバブリー捨ててイメチェンした結果!

今年は年号も変わり、もはや「昭和」という時代が歴史上の年代になってしまうほど古く感じるものです。そんな昭和の終わりがけに始まったバブルは30代、40代であればついこの間・・・とまでは行きませんが割と記憶にあたらしいはず。その象徴とも言えるこの人がイメチェンです。

平野ノラといえば

ということでバブルといえばこの人、平野ノラです。あのバブル時代のソバージュと赤い肩パットの服、そして太い眉毛メイクにアイシャドウがトレードマークです。もちろんコレが平野ノラを支えていると言っても過言ではないのですが、実は彼女このメイクをとるととんでもないことになります。

厳密にそして分かりやすく言えば「可愛くなる」それだけです。そんなまさか、平野ノラのような色モノ芸人が可愛くなるはず・・・

あったわ・・・

メイクを落とし、髪の毛を切って、もはや別人。言うならば「令和」。まさしく令和時代の女性。本当に清楚で美しい。

実は、彼女以前からナチュラルメイクを何回か1回投稿しており、その都度反響を読んでおりました。

整形レベルではないかと囁かれている彼女

もともと美人だったようで、あえて濃いメイクをすることで、そのギャップを楽しむという文化も生まれております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。