日本で「一番頭のおかしい」ビアガーデン会場が分かるグラフが話題に!

ビアガーデンの季節がやってくる。悲しかった出来事を消し去る様に...!これからの時期は本当に外で飲むビールが美味すぎる罪な時期。イケナイ太陽。最近は本当に様々なビールが目白押しで、クラフトビール戦国時代と勝手に思っております。勿論、アサヒのスーパードライ、キリンの一番搾りなど看板商品も飲みたいし...でも個人的に推しはサッポロクラシックだし...とにかくもうビール飲まなきゃやってられない季節なわけです。

そんな現代のオアシスビアガーデンの座席の数をまとめてくれたツイートが話題になっていました!なぜ座席数が話題に?というのは見ていただければわかると思います。

札幌大通り公園のビアガーデンは、端から端まで各メーカーのビアガーデンがひしめく超祭り。席数何と13000席だそうです!札幌は年間を通しての平均気温が大体7~8度。暖かくなったら多少はね!はしゃいでしまうのも仕方ないね!

こんな感じ

こんなブースが夏はずーーーっと続きます。札幌大通ビアガーデンおそるべし。

Twitterの反応

イメージ的に、北海道の人達は、朝や昼から飲むことに特別感を感じる人が多い気がしています。(至極真っ当な感じ方ですが)

なんか長ーいサーバーが買えちゃいます。

そしてなぜか、当の北海道人たちは夏の当たり前の風景過ぎて、その規模の異常さがわかっていない人が多いのです。

とはいえ、札幌のビアガーデンはまだまだ先の話。今年は7月19日から8月14日までとのこと!
http://sapporo-natsu.com/

それまではお家でこのライフハックを使ってキンキンのビールを楽しもう!

画像掲載元:写真AC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。