火星でついに「狐の石造」が発見される! | 秒刊SUNDAY  

火星でついに「狐の石造」が発見される!

fossil mars rock

謎の駅ビル・CD-R・謎の石造・人面岩・・・数々の謎の構造物が発見され度々地球上のオカルトファンをわっと沸せた未知なる惑星「火星」ですが、また再び怪しげな物体が発見され、いつものごとくオカルトサイトを魅了しております。もちろんこの物体が本当に人工物であるか否かは別として、確かに拝見した印象はまさしく「狐」なのです。


fossil mars rock

こちらが問題になっている「狐の石造」。えっ?狐がどこにいるんだって?中央にある物体が狐だ!と言い張りたいのですが、確かに狐だとわかりづらいものがありますことは承知の上。念のために説明しますと、左にある垂れたものが、耳。中央に目、そして先端が鼻となっているようです。やはり芸術性が高いのかなかなか判りづらいというのも石造の愉しみ方であり、趣がありますね。

と、そんなことはどうでもよく、この発見場所がエジプトでも地球でもなく、何と火星で発見されたというのに驚くべきである。

一体誰が何の目的で火星に狐の石造を作ったのか。かつて火星には狐が生息していたのであろうか。

言われてみれば確かに火星と言えば狐。
Firefoxのアイコンなんかは、どことなく火星に似ているし、狐といえは「火」。何かしら関係があるに違いありません。

信じるか信じないかは皆様しだいです。
筆者は紛れもなく「岩」だと思います。狐につままれてなければいいですね。

参照元
http://ufosightingshotspot.blogspot.jp/2014/09/oddly-shaped-mars-rock-contains.html

(ライター:たまちゃん)

3 COMMENTS

秒刊名無し

伏見大社の狛犬さん火星出動?
狸はいずこ?
公儀隠密お稲荷讃‥縁起の空マルスの戦乱に入る?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。