「神様の不良品」という育児ブログにネットユーザから賛否両論

kamisama

ご自身の生まれた子供が「ダウン症」ということがわかり、育児記録をつけようとブログを立ち上げそのサイトの名前を「神様の不良品」としたことから、ネットユーザの間で反発・擁護など賛否両論の争論となりSNSなどを中心に炎上している。サイトの管理人は「奇麗事ではなく嘘もつかない正直な育児ブログ」として配信を試みているが、やはりすべてのユーザ理解してもらうにはまだまだ時間がかかりそうだ。



―サイトタイトルの由来

sample

このブログは5月28日から始まり現在に至る。なぜ「神様の不良品」というタイトルになっているのかはその最初の投稿に記載されている。その心境については以下である。

とてもじゃないけど私には受け入れられない神様のいやがらせ。  私も、奇形児みたいなもんだ。  神様の不良品。  不良品の子供は、不良品がふさわしいのかもしれない。  奇麗事を一切受け入れられない、受け入れたくない、受け入れる気がない私の  現実的な想いたちを、つづっていこうと思っている。

投稿者は30代で出産時には全くその兆候はなかったという。しかし医者に染色体検査を勧められ、結果的にダウン症と判明してしまった子供に対し自分を責め、受け入れられない現実に対し綺麗ごと抜きの「ブログ」という形で発信しているようだ。

―5月から立ち上げているのになぜ今更?

問題があるとすれば立ち上げた当初から批判の声は寄せられても良いはずだが、何故か今頃になって騒動となっている。具体的な理由は不明だが、ブログの読者が増えることにより徐々に批判の声が強まり、まとめサイトなどに掲載されたことにより状況が明るみになったという可能性が高い。

例:このダウン症児の親のブログタイトル、どう思う?(ガールズちゃんねるより)
http://girlschannel.net/topics/58117/

―ネットでは賛否両論

ネットでは母親に対し擁護する声も、また酷いサイト名だと批判する声も。

・神様の不良品とか語彙なさすぎだろ
・神様の不良品とはまたドストレートな。不良品扱いなのか。
・神様の不良品には苦笑い
・神様の不良品とかつけられるネーミングセンスは見習いたい
・そんなタイトル付けるあんたが不良品だよ
・これ叩いてる女のうち何%が母親で、何%が障害をもつ子供の親なの。
・確かに題名だけ読むと、逆鱗に触れてしまうけど。
・ブログ内容読めば非難なんて出来ないと思う。
・どんな意図が含まれているにせよ、他人にどうこう言われるような問題じゃないだろ。
・このママさんは、非難されるのなんか百も承知でこのタイトルにしたんだろうな。
・酷い親だな、しかし...。もっと他にタイトルなかったのかよと思いました。
・天使だなんだと綺麗事いう人より随分マシだと思うんだけど。
・このブログのお母さんには言うべき言葉がない。
・色々批判はあるようだけど、私はこれが現実だと思うよ
・物議ははあるけど、俺は好意的に見る
・育児関連は黒いユーモア飛ばすと思わぬ批判にさられる事があるのよね。
・母親はロクな死に方しないよ
・突き抜けすぎたな このユーモアというかブラックジョーク

(ライター:たまちゃん)

3 Comments

秒刊名無し

リンク先みるとまさに綺麗ごとで批判されてるな、
その殆どは育児さえした事がないのだろう。
ブログタイトルだけみると確かにギョっとするが、
日記をちゃんと読めばこの母親がこの障害を持った我が子を
どれだけ愛しているかが良く判る。
こう言う正直な気持ちってのはTVなんかじゃ当然放映されようもないし、
ネットでも今回の様に叩かれるのは目に見えてるからなかなか表に出ない。
同情やお涙頂戴だろうという輩もいるみたいだがその通りだろう。
それの何が悪いの?
子育てで心身ともに疲れ果てて、せめて応援して心の支えになってくれる
読者が欲しいと考えるのは何もおかしな事じゃない。
こういう心情すら批判の対象とする今の世の中は本当におかしい

秒刊名無し

ぎょっとするどころか何が悪いかわからん
不良品だけど愛おしいという意味だって含んでるだろ
最悪だけど理解できませんとか抜かす
フェイスブックの馬鹿はちゃんと読んでるのかね

秒刊名無し

問題ないと思うな。
母親は自分が描いてた理想と現実の差に戸惑いながらも着実に前に進んでいる。
生々しくて、読んでいて辛い面もあるけど、考えさせられるブログだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。