実はあまり知られていない『オレオクッキー』13の真実

オレオといえば小さな子供からお年寄りまで大好きなクッキー!子供は牛乳に浸しながら楽しみ、また、お菓子つくりにも大活躍。色々アレンジされてまた違う美味しい形に早変わり。食べ方もクリームだけ先に食べたり 幾枚も重ねて食べてみたり・・・クッキーだけではなく マシュマロタイプ アイスタイプと色々なバージョンで私たちを楽しませてくれている 人気商品「オレオ」。これだけ知られていながら なかなか知る機会がなかったオレオの13の真実をご紹介

1. オレオは1912年のNYのナビスコ・ベーカリーで誕生する(現在のチェルシーマーケット)

2.当初(1912年)に発売されたのは「オリジナル」と「レモンメレンゲ」の2種類

3. 何故「オレオ」と名付けられたのかは明らかではない。

当初のパッケージが金のブリキ缶だったことから フランス語の「オレ=ゴールド」からの由来。
という説もあり・・・

4.一番初めにオレオが売り出されたのは ニュージャージー州のホーボーケンという町

5. クッキーとクリームの比率は必ず 71対29の割合と決まっている

6. 発売から数十年にわたって 商品名が幾度も変更されている
1912-- オレオ ビスケット
1921-- オレオ サンドイッチ
1937-- オレオ クリーム サンドイッチ
1974-- チョコレート サンドイッチ クッキー

7. 1950年に来て 初めて広告用スローガン誕生 ズバリ「Oh-oh! OREO」

8. 1974年 Double Stuf Oreos(サンドされたクリームが通常の2倍量のオレオ)が発売

9. ビック・オレオが1987年に発売開始。その大きさ、なんと通常のオレオより10倍の大きさ。しかし4年後の1991年に発売中止に。

10. 1998年 コーシャー( ユダヤ協の戒律・習慣に従って適正に調理、または適している料理を指す)に指定される

11. オレオを食べる半分の人達が 食べる前にクッキーとクリームのパーツをバラバラにして食べ、クッキー部を剥がす時 女性の方が男性より 捻りながら剥がす事が解っている

12. 1998年にオレオシリアルが販売も現在は製造中止。幻のシリアルに。
(それぞれの会社、”ポスト”と”クラフト”がブランド提供しなくなったため)

13. 実は 世界一 売れているクッキー。 さすが皆が大好きオレオ!

【記事参照】
http://www.buzzfeed.com/briangalindo/13-things-you-dont-know-about-oreo-cookies

【関連記事】

(ライター:SKKC)

18 COMMENTS

秒刊名無し

オレオっていうかクッキー全般が好きになれないな……
クラッカーはいいけど。

秒刊名無し

食べてみた。
途中で、
飽きる味でがっかり。 56点。
「プチ ココアビスケット(ブルボン)」
これは、100点。

秒刊名無し

何でもいいけどオレオのクッキーだけ売れや

匿名

※15
うっせーおまえが死ねバーカ
これでおまえに呪いかけてやったから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。