世界一若いお爺ちゃん誕生!なんと若干29歳。

29歳の無職の男性、デービスがイギリスで一番若いおじいちゃんとなりました。当初娘のティア(14歳)から ボーイフレンドのジョーダン(15歳)の間に子どもが出来たと聞かされた時はとてもじゃないがお祝いする気持ちにはなれなかったものの 孫娘が産まれた今 祖母になった元ガールフレンド ケリー(30歳)と大喜び。「娘の偉業を褒め称えたい気持ちで一杯よ!」と大興奮。

しかし、家族の興奮を横目に、周りのは戸惑いを隠せない様子。赤ちゃんの父親だとばかり思っていたデービスが実は祖父にあたり、 しかもかなり童顔だったため 病棟に入るにもIDを求められる始末

今回14歳の出産、スムーズには行かず 分娩中に 意識障害を起こし、緊急オペへ。25分後ようやく 赤ちゃんが取り出されたことです。が、この赤ちゃん体重がたったの910gの超未熟児。現在はNICUにて順調に発育中、数週間後自宅へ帰れるとのこと。

無事出産し、子どもの退院の目処がたち、ほっとするのもつかの間 現実が立ちはだかります
母親はまだ学校を卒業していず、退院後 母子供に、祖母であるケリー宅へ卒業まで暮らすことに。父親のジョーダンも娘が産まれる数週間前に中等教育の初級レベルを修得、「僕はラグビー部のキャプテンだからね、まぁ14人の子どもがいるようなものだよ」とある程度「父親」としての自覚は・・・まぁ、持っているようです・・・・

母親になったティアは「もし自分の子どもが私と同じような年で妊娠出産したら・・あんまり嬉しくないけれど・・・私の両親が私の気持ちを尊重してくれたように 私もこの子の気持ちを尊重して、産ませてあげたいわ」のコメント通り この娘と両親の絆はとても強いようです。それも ケリーが15歳でティアを産んでおり 両親が彼女の一番の経験を含めた理解者だからでしょう。

誰もが驚くこのニュースですが 実はイギリスでは若年者の妊娠出産が社会問題になっています
2009年の調べでは 18歳以下の少女の妊娠件数が38,259件 その半分の約20,000人が人工中絶をしています。
ということは 約20,000人のティーンエイジャーが母親の道を歩んでいるということになります
この割合はオランダの5倍、フランス、スペインの2倍の割合。
このままでは 将来20台後半で孫がいる状況も 珍しくないのかもしれません。

(ライター:サト)

24 COMMENTS

ライター、サトちょっとやばいだろ
なんでライターやってんの?
日本語の間違いは論外として、文章下手すぎる
才能の問題か

秒刊名無しさんでー

ただのヤンキーやないか(笑)
↓揚げ足だけの投稿ほど醜いものはない。シネパトス

現在コメントは受け付けておりません。