日本で決して報じられない『福島第一原発』の鮮明画像が公開

 

福島第一原発は現在どうなっているのか。人体への影響はないという政府の意見と、毎度のごとく、放射性物質の流出のニュース。安全なのか、そうではないのか有耶無耶になっているこの状況下で、福島第一原発の鮮明な写真が海外で公開されました。そこに映された原発は、もはや誰もが『安全』と言えるレベルのものではない。


まるで廃墟のようなこの建物の残骸が、現在問題となっている福島第一原発。
右側に、消防車が見えるが恐らく原発に向かって放水しているのだろう。
建物からは、度々白煙や黒煙があがり、安全だとは言うものの、この状況をみる限り
安心できるようなレベルではない。
現時点では原子炉の『格納容器』は無事とのことですが、これだけの
被害を受けている状況では損傷は免れないレベルだ。
こちらの写真は、海外サイトで公開されており、動画も公開されているようだ

このような映像を見てしまうと地域住民の不安は隠せないでしょう。
政府もそのあたりは気を使っているのかそれとも別の目的なのか。
真意は不明だが、我々が知りたいのは、包み隠されていない『正確な情報』だ。
そんな正確な情報のヒントになるのかもしれないのが今回の鮮明写真
もう少し詳細の写真がこちらにありますので是非参考にしていただきたい。
http://cryptome.org/eyeball/daiichi-npp/daiichi-photos.htm

4月3日
※一部日本で公開済みの写真もございました。お詫びして訂正いたします。

13 COMMENTS

hikaru

目に見えることは人間の力で改善できるが、目に見えないことを解決しなければ、真の復興にはならない。そして、それ以上の惨劇を繰返さなければならなくなる。
私たちが、今、しなければいけないことは、『救世主スバル元首様』に、救いを求めることだ。
  もう、時間がない!!
http://www.kyuseishu.com/tanuma-tu-koku.html

秒刊名無し

「イヤミ」は「悪意のある言葉」じゃないのかな^^;?

現在コメントは受け付けておりません。