空気中の『花粉』をセロテープで捕獲することができるのか調査してみた

SANY0102

春になると、気候が温暖になってくると同時に、日本人を悩ませる『花粉』。本日は非常に多いなんて予報を聞いてしまうだけで気がめいってしまう。だがしかし実際空気中に花粉は本当に飛散しているのだろうか?実際に試すことが出来ない為、予報を信じるしかないわけで、飛んでいると信じるしかない。そこで今回は、実際に飛散しているであろう『花粉』を捕獲してみることにした。


Picture 6

確認方法として、車をひとっ走りさせ、空気中に飛散する花粉を、セロハンテープに付着させ、虫眼鏡等で確認するという方法。セロテープに付着させることが出来れば、空気中に花粉が飛散していることが実証させることが出来る。

kafun

本日の静岡県は、それなりに飛散量が多い為、捕獲できる確率も
期待できる。

Picture 2

ということで、高速道路をひとっ走りさせる。
心なしか、富士山も霞んで見えるが、これが花粉の影響なのかは不明。
とにかく、花粉がしっかりセロテープに付着するのか、また、セロテープ自体が、車からはがれおちないかが心配だ。

Picture 7

途中、動物園などに寄り、なるべく外にいる時間を増やし付着率を増加させる狙い。
このような手法で、1日セロテープに花粉を付着させ、後日虫眼鏡で見るという方法であるが、そのセロテープに最も恐れていた事が発生してしまう。なんと、ミラーに着けていたセロテープが高速道路ではがれおちてしまっていた。

Picture 5
しかし、予備で用意していたタイヤの位置のセロテープは生きていた。
だがこの位置で花粉が付着しているのかは疑問。もちろんミラーの位置にあるセロテープのほうが確率が高いと素人ながら想像できる。

Picture 1

早速、セロテープを採取し、虫眼鏡で見てみようと試みるが
ここで更なる問題が発生する。

SANY0102

虫眼鏡で拡大しても良く見えないのだ。
それもそのはず、花粉のサイズは20-40μmと言われている為
虫眼鏡ごときの拡大鏡では到底確認出来るようなレベルではない。
そこで、本格的な顕微鏡を使うことにした。

SANY0088

顕微鏡をわざわざ購入する費用もないので、科学施設に置いてある顕微鏡を利用することにした。(もちろん許可を得て)
この顕微鏡で何かしら見る事が出来れば、今回の調査は成功で
空気中に花粉が飛散していることが証明される。
早速のぞいてみました。

SANY0087

なんと、そこには無数の粒子があることが確認できた!。
しかし残念なことに、この粒子はこの施設がもともと用意していた
松の花粉のディスプレイ用サンプル。今回はその横に採取したセロテープを置いたのだが、ゴミのようなものは映っているが、粒子状の花粉らしきものは映って居ない。

SANY00872

どうやらセロハンテープに花粉は付着していなかったようだ。

気象庁によると、花粉は飛散している。
だが、実際に花粉を捕まえる事は至難の技で、たやすく捕まえる事は出来ないようだ。
予想以上に難易度が高いこの調査は、失敗に終わったが、次回は他の手法で必ずや、『花粉』を捕獲してみたいと思う。

ライター:ユカワ

20 COMMENTS

秒刊名無し

そんなに沢山飛んでるってもんでもないのか

秒刊名無し

クソおもろないどころか、脳が小学生並以下で引いた。

秒刊名無し

下敷きを頭の毛でコスって静電気状態にして、
ダンボールかゴム板の上でも置いておけや。
後は筆でゴミ集めて、セロテープ吸着して顕微鏡で見ればいいだろ。
ユカワの脳は小学生の実験以下だね

秒刊名無し

トイザラスで顕微鏡なんか1万ちょい出せば買えるだろ。
どうせ経費で落とすだろうから、そんくらい買えよ。

秒刊名無し

面白いと思うけどな~。花粉見たかった!

秒刊名無し

すごい!
湯川さんの記事って面白すぎっ!

秒刊名無し

とりあえず、杉の「花粉がホコリのようにみえるところ」で一回やって
取れたら、今のやれば?
湯川が花粉症でないことを祈る

秒刊名無し

別につまらん記事ではない
この実験は想像したこともなかっ
たが・・

プリウス777

いずれにせよ原因の90%は悪玉の「活性酸素」です。H(水素)とО(活性酸素)が結びつくとH2О(水)になって排出されるそうです。
即効で体感できます。濃度1ppm以上の水素水を毎日1リットル以上飲めば花粉症だけでなく糖尿病(一週間で血糖値改善)から癌(三ヶ月で過酸化脂質改善)にまで効果見込めそう。
安全で副作用など全く無く、食品として様々なタイプが流通しています。

現在コメントは受け付けておりません。