1万人突破!浜松の『はやぶさ展』に行ってまいりました

 

浜松アクトシティで行われている、はやぶさ展に早速行ってきました。実はリアルタイムでUstreamとニコニコ動画による中継をみていただけに、その感動もひとしお。多くの人々が見守ったあの映像の主役が今ここに居ると思うと、感動的だ。今回はそのはやぶさ展の詳細をお伝えしたい。

あの感動から4カ月
はやぶさは、宇宙のちりとなり、地上にイトカワのサンプルがおさめられたカプセルを残した。

そのカプセルが今ここに到着した。
早速行ってきました、はやぶさ展

 

ディズニーランドかとおもうほどの行列だった。
しかもこれ、整理券待ちで、1時間ほど。
実際はこの後、30分並んでようやく中に入れるという過酷な情況。

なぜここまで人がいるのかと言うと、中日新聞に大きく掲載されたから
だという・・・。

新聞の影響力は未だに絶大。

 

館内撮影禁止だった。
といってもカプセルのみ撮影禁止。

担当者の話によると、立ち止まると前に進めないからということ。
・・・まさに動物園のパンダ状態。

その他、撮影できるものを取材してきましたので
ご覧いただきたい。

原寸大の模型。
こんなに貧弱な船が、小さな小惑星の岩に着地し、60億キロの旅から戻ってきたのかと思おうと、信じがたい。

このお尻のノズルのようなもので、イトカワの岩のサンプルを取るはずでしたがうまくいかず、失敗。しかしイトカワのチリはあったそうで、結果的に成功だ。



こちらがカプセル。お椀のような形をしている。

このカプセルの中に、イトカワのサンプルがあり
地球に帰還し大気圏突入してきたというのだ。



遺体のようなこの布はカプセルを安全に着地させるためのパラシュート。
60億キロの旅を終えた布は、何か威厳が違う。

 

はやぶさに使われていたInGaASセンサー
いったい何に使うのか。

なんとこのセンサーは浜松で作られていた。
どうやら、イトカワの土の成分を調べるものらしい。

 

重厚な、ケースに収められているものから、このようにパイプ椅子に
そのまま置かれているものまで、扱いは様々。
こちらの、パイプ椅子のやつは、ターゲティングマーカーといって
イトカワとはやぶさの距離を調べる物の、模型らしい。
形もボールだが、扱いもボールだ…。

 

7年の孤独な旅を終えたはやぶさは、今度は、多くの人に見てもらえる
展示物となり、相手は機械ではあるが本望であると思いたい。

結局1時間30分並んだのですが、それなりの価値はあると思います。
ただ、なぜここまではやぶさが注目されているのかを、予習しておかないと
単なるケースを眺めるだけのつまらない展示会になってしまう。

そうならない為にも今後行われる「はやぶさ展」に行く予定がある人は
是非予習を行ってから見に行って欲しい。

今後のスケジュールですが
JAXAのHPによると、次は四日市市ということ
詳細は、下記のサイトからご覧ください。1人200円
(カプセルは撮影禁止です)

12月22日(水)~26日(日)四日市市立博物館

ISAS | 「はやぶさ」カプセル展示 / イベント

関連ニュース

はやぶさ帰還キター!ニコニコ動画で大気圏突入確認成功!公式サーバはダウン
まさしくアイス!『宇宙食アイスクリーム』を食べてみた

212 COMMENTS

秒刊名無し

もうやめてやれよお前ら
まともな記事を書く文才もないのにアフィで金稼げるとおもっちゃってる勘違い君を責めるなよ
わざとにしろ、バレないと思ってたにしろこういう記事で人の注目集めないと過疎ブログになっちゃうんだよ
ジャーナリスト様(笑)の精一杯頑張った姿をもっと褒めてやれよ
2ch見てない俺みたいな奴の耳にも入るくらい話題になったんだから
現在進行形の悪あがきを優しく見届けてやろうよ

現在コメントは受け付けておりません。