ネットで使用されている言語ナンバーワンは英語。日本語は4位という残念な結果

hK2SEU

ウェブサイトは主に、「テキスト」・「画像」・「音声」などのデータによって構成されている。とりわけ、様々な情報を解説しているテキストデータは、検索結果にもかかわってくるほど重要な要素だ。現在インターネット上に存在するウェブサイトの大半は英語で記述されており、そのシェア率は2位以下を大きく引き離している。この調査結果を見ると、英語が
世界の共用言語と呼ばれる所以がよくわかるだろう。



―ネットの歴史

lolneko

今や現代人にとってインターネットは日常生活に不可欠な科学技術の筆頭だ。ショッピング、金融、コミュニケーション…、我々はネットにアクセスするだ
けであらゆる社会活動を行うことが可能となった。

インターネットの歴史を紐解くと、話は1960年代までさかのぼる。核戦争時にも利用できる通信技術を確立するため、パケット交換により情報を送受信する「ARPANET」というネットワークがアメリカで開発された。その後、通信技術は飛躍的に発展を遂げ、80年代には軍事目的で開発されたインターネットのテクノロジーが民間にも普及するようになった。

インターネット関連の調査を行っているWeb Technology Surveysの発表によれば、現在ネット上で公開されているウェブサイトの55.8%は英語で記述されているという。シェア率世界二位の言語はドイツ語で、6.1%。ちなみに日本語は世界四位で、5.0%。インターネット発祥の国だけあり、英語のコンテンツ言語シェア率はぶっちぎりである。インターネットを利用するうえで英語を習得することがいかに大切なことかよく分かる結果と言えるだろう。

-英語版ネットスラングにご注意

無料翻訳ツールが充実している現代では、外国語に疎い日本人でも海外のサイトを閲覧することはそれほど難しいことではない。実際、英語の勉強のために積極的に海外のサイトにアクセスしている方もいるのではないだろうか。
ただし、海外のサイトを閲覧していると、辞書にすら載ってない言葉に出くわすことがしばしばある。我々日本人が「おつかれさま」を「乙」と省略したり「アカウント」を「垢」と呼んだりするように、海外でもネットスラングという独自の言語があるのだ。

Lolはその代表的存在。Laughing Out Loudの略であり、爆笑を意味する。YouTubeのコメント欄で頻繁に見かけるスラングなので覚えておいて損はないだろう。一般的な英文法だけでなく、このようなスラングもあわせて習得すると、海外のサイトをより楽しめるようになること間違いなしである。

―海外の反応

・ サイト数を数えてるだけで、コンテンツの量そのものを計測してるわけじゃないんだね。
  正確なデータとは言えないな。
・ 中国語の比率が高くないのが意外すぎる。
・ ほとんどの中国人はパソコンを持ってないからね。
  それに中国の教育システムは国際的だから、パソコンを持ってる連中は英語でブラウジングしてるんだよ。
・ でも、6億人近くもの中国人がインターネットを利用してるんだぜ。
  おまけに大半の中国人が中国語のコンテンツにアクセスしてる。
・ 確かにそうだけど、「アクセス」と「所有」は違うよ。
  インターネットを利用してる6億人近くもの人たちはパソコン所有者じゃなくて、
  職場でパソコンを使ってたりインターネットカフェに行ったりしてるんだよ。
・ 中国じゃネカフェは巨大産業だからね。
・ 俺は中国にもドイツにも行ったことあるが、経験上、ドイツ人全体の90%くらいは
  英語が堪能だよ。英語を上手に話せる中国人は、せいぜい全体の15%くらいだね。
・ スペイン語の比率はもっと高いと思ってた。
・ この情報は間違ってるよ。中国語の比率が3%なんてありえないだろ。
  中国のインターネットユーザー数は世界最大レベルにまで達しているんだから。
・ 中国のネットユーザーが多いからって中国語がインターネットコンテンツの
  大半を占める理由にはならないだろ。
・ このデータが間違ってることが判明したぞ。世界二位はロシア語だってよ。
・ こいつは面白いデータだな。俺はドイツ語を学んでるんだが、実際ネット上では
  他の言語よりドイツ語をしばしば見かけるよ。
・ たぶん、ドイツ語の文章がクソ長いせいだな。
・ ポルノのおかげだろ。
・ 何言ってやがる。インターネットコンテンツの大半はポルノだろうが。

掲載元
(http://www.reddit.com/28q5qg/)

(ライター:sha-la-ku)

3 Comments

秒刊名無し

4位で残念って・・・・
日本語がどこで使われてる言語か、というか
自国の言語がどこで使われてる言語か分かって言ってるの?
日本でしか使われていない言語なのに4位に入っちゃうほど
日本国内でのネット普及率(ただの利用者から利用者に向けた広告からなにから)
が高いってことなんだけど。

秒刊名無し

母国語としている国が一国だけのマイナー言語のわりに4位ってすげえな

秒刊名無しさんでー

英語以外どれも目くそ鼻くそ過ぎて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。