あまりに不謹慎過ぎるクレーンゲームが登場し物議を醸す

日本ではトイレットペーパー・ティッシュなどが品薄になり連日ドラッグストアから消えるという現象がおきております。しかしながらなぜかイオンなどの大型ショッピングセンターには大量にあるという謎の状況が発生しておりますが、一体この状況はいつまで続くのでしょうか。そんな中、こちらのクレーンゲームが海外で話題となっております。

トイレットペーパーのクレーンゲーム登場

ということで今話題となっておりますクレーンゲームはこちら。イギリスブリジストンにある、店で、道端に設置されたのはこちらのクレーンゲーム。日本でもよく見かけるものですが、その景品が衝撃的。なんとその景品は・・・

トイレットペーパー。

マネージャーのエディ・チャップマンいわく、昨今のコロナウイルスにより暗いニュースばかり話題になるので、このようなアイディアを思いついた。客が楽しむ姿が微笑ましい。ぜひ楽しんでいただきたい。

と話している。

しかし多くの客はこの状況に困惑しており、中には「非常に馬鹿げている」と批判をする方もいるのだとか。

たしかに本当に欲しい人の、弱みにつけ込んだような大胆不敵な商品ではありますが、1回のプレイ料金は60円と日本に比べれば安い。

とはいえ、1ロール60円で取れるかどうか、わからないこの博打過ぎる賭けは、コスパとしてはあまりいいとは思えないので、やはり楽しむという点だけに特化したものなのかもしれません。

日本でも同様の問題が話題となりましたが

品薄時にこのような作戦を思いつくのは世界中で同じ現象なのかもしれませんね

画像掲載元:秒刊SUNDAY