台湾で「震度7」の激震発生!日本の震度とはどう違うのか?

台湾の花蓮で震度7の地震が発生し、現在多くの被害が確認されているようです。ツイッターやインスタグラムにその生々しい様子がアップされておりまして、現地の震度では最大級の「7」ということです。しかし厳密に言えば日本の震度とはことなるようです。

現地の震度7

さて現在発生しております台湾の地震は台湾東岸・花蓮で発生しており、地震の規模を示すマグニチュードはM6.1で震源の深さ18キロです。割と浅い場所で発生しておりますが、現地の震度では7とされております。

日本の震度7といえば、東日本大震災や熊本地震などとんでもなく甚大な被害が発生する、激震であることは言うまでもありません。

そんな日本の震度7と、台湾でのスケールはどのようなものなのでしょうか。

比較表があった

中央気象局に日本の地震の規模と比較する表があるようです。それによりますと地震の揺れを示す「ガル」が400以上を7とするということで日本とほぼ同じようです。

ただし、日本の震度5・6には「弱・強」が存在するので、厳密に言えば違うのですが、威力はほぼ同じ。

ということは日本で言う震度7と同レベルの地震が発生したと言っても過言ではないようです。

ちなみに中国やその他の諸国とは全く違うスケールが使われております。

日本では地震雲が出たなど毎度騒がれます

まだまだ地震を予知する技術は程遠そうです。

画像掲載元:写真AC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。