解散詐欺と炎上のレぺゼン地球、エグすぎる解散の真相がざわつく事態に

レぺゼン地球

大人気グループユーチューバーのレぺゼン地球が、解散したことを発表しました。しかし、解散後も同じメンバーでCandy Foxxと、グループ名を変えて活動し続けていることから「解散詐欺だ!」とネット上が炎上する事態となりました。しかし、解散した経緯をメンバーのDJ社長さんがYouTubeで告白したところ、解散した理由が闇深すぎてエグいとざわつく事態となったのです。

解散詐欺と言われたレぺゼン地球

2020年12月26日に解散した、大人気ユーチューバーのレぺゼン地球。

面白い企画が多く、これからレぺゼン地球を見られないと解散に涙したファンも多かったと思いますが、なんと2021年1月1日には同じメンバーで新たなエンターテインメント集団『Candy Foxx』を立ち上げたのです。

これにより、「同じメンバーで新しいグループできて、解散詐欺じゃん」「レペゼン地球解散してCandyFoxになって解散詐欺ダサいなー」と、解散詐欺ではないかと炎上していました。

なぜレぺゼン地球を解散したのか、DJ社長がその真相をYouTubeで告白したところ衝撃の真実が明かされたのです。

レぺゼン地球が解散した真実がエグすぎると話題に

解散詐欺だと言われていたレぺゼン地球でしたが、6月1日に公開した動画の中で筆頭株主であるH氏の存在を明らかにし、解散した経緯を告白したのです。

本当のレペゼン地球 解散の経緯について

動画によるとレぺゼン地球は借金をしており、借金を返済し終わるまでは筆頭株主をH氏にしてあったというのです。

借金返済が終わった段階で株を買い戻そうとしていましたが、『退職金4800万円の支払い』『レぺゼン地球の楽曲の著作権をすべてよこせ』『カラオケなどの印税もすべてよこせ』『H氏の経理に関して文句を言わない、訴えたらだめ』という内容の契約書にサインをしたら株を渡すという条件付きで株の返済に応じるといったことが動画内で明かされました。

この告白が真実だとすれば、レぺゼン地球の解散詐欺炎上から一転、擁護の声がネット上に数多く寄せられたのです。

解散詐欺って言ってスマンと、擁護の声

H氏との会話を録音した様子も動画内で公開されていますが、「胸糞悪すぎる」「金全部吸い取ろうとしてくる」「お金にズルいHさん死ぬほどムカつく」と、H氏に対して非難の声が寄せられていました。

また、「これ見たら納得したしまた応援しようとも思った」「解散詐欺でめっちゃ萎えてたけどあんな裏があったとは思わんかったわ」「レペゼン地球の名前使えなくなったの絶対辛いのにファンに対してごめんなさいって謝るの泣く」と、解散詐欺炎上から一転、応援したいという声も。

従業員パワハラ問題など、何かと炎上しがちなレぺゼン地球でしたが、これからの裁判の進捗状況とともに、今後のCandy Foxxの動向にも注目が集まります。