テレ朝で「ネット右翼」の定義が明言される!その定義にネット物議

ネットでもテレビでも最近やたらと聞くようになった言葉「ネット右翼」略して(ネトウヨ)。某まとめサイトが、広告の出稿停止にまでおいこまれるほどの人気ぶりを見せているコンテンツでもありますが、反面その影響力は凄まじく、身の危険を揺るがす事態の覚悟も必要です。そんなネトウヨの定義がテレビ朝日で話題となっております。

ネトウヨの定義とは

テレビ朝日「モーニングショー」に出演した元ネット右翼の文筆家で評論家である「古谷経衡(文筆家/株式会社オフィス・トゥー・ワン所属)」氏によりますとネトウヨとは「韓国・中国・朝日新聞」が嫌いかどうか、という点のようです。そこから派生する問題に関してもおそらくネトウヨに該当する問題に繋がるのかもしれませんが、いずれにせよ、ネットでよく見かける「ネトウヨ」とはこの方々を指すのだということです。

ネット関係ないじゃんのツッコミも

そんな中、その定義であるとするのであればもはや「ネット関係ないじゃん」というツッコミもはいっております。

一般的にはネットで右翼的な発言をする人と捉えられており、ネットは必須ではありますが、もはやネットは当たり前の時代になった昨今、その定義はもう少し広いものになりつつあるのかもしれません。

とあるまとめサイトが賠償金請求をされたというニュースも衝撃的でしたが

ネットでの行動・活動に関してもはやリアルとの垣根は存在しなくなってきているようです。

画像掲載元:いらすとや