見た目はダックス、体はダルメシアンな激キャワワンちゃんが話題に

人間の体は、白・黒・黄色と3種類ほどありますが、ワンちゃんの世界では白・黒どころか無数に色合いがあるので、もはや人種差別ならぬ犬種差別など怒らないような状況です。ある意味それが特徴といえば特徴で、唯一無二の体と体毛であります。とはいえ、犬種ごとにある程度毛の色は決まっており、ゴールデンレトリバーは金色、ダルメシアンは白・黒ときまっております。そんな中ダックスはどうでしょうか。

カラダに凄い特徴のあるムー

View this post on Instagram

But first, let me take a selfie📸✨#selfieking

A post shared by ᗰOO🖤 (@moo_in_miami) on

ということで話題となっておりますのは、こちらのダックス。見た目は普通のダックスなのですが、カラダにはとんでもない特徴があります。

彼の名前はムー。飼い主ビクトリアは、カラダが牛のようなので「ムー」(英語圏で牛の鳴き声はムーという)と名付けたようです。周囲の人はムーはパジャマを着ているのかしらと、勘違いするようですが、どうやら生まれながらにしてこんなカラダなのだという。

ということでその衝撃の姿をしたムーを御覧ください。

なんと体はダルメシアンのように白と黒の斑点模様。

しかもダルメシアンとダックスの子供ではなく、生まれながらの模様ということですから驚きです。実はダックスにも斑点模様の子もいます。また白いダックスもいますので、つまりその2つの要素が組み合わさった超レアな柄になったと考えられます。

飯を盗んだゴールデンの表情も滑稽でしたがこのムーも素でかわいい。

お父さんとお母さんがどのような色合いなのかはわかりませんが、周囲からはやっぱり足を止められるとのこと。これで今後人気のインフルエンサーワンちゃんになれば、もはや言うことなしですね。

Source:MirrorUK