クォーターパウンダー52個分のヨタバーガーが登場!ギャル曽根クラスの胃袋と根性が必要

これが本当の意味合いで「飯テロ」と言えるべきものなのかもしれません。今回話題となっているのは、海外のとんでもないサイズのハンバーガーでかつて見たこともないほどのとんでもないサイズのものです。おそらく一般人には平らげることができないのかもしれませんが、ギャル曽根クラスなら可能でしょう。

これが本当の飯テロ「獣の腹」だ

こちらが今話題となっております、13ポンドバーガー!、その名も「獣の腹」。

以前マクドナルドでクォーターパウンダーというのがありましたが、その状態で1ポンドの4分の一。つまりクォーターパウンダーを4倍し、それに13倍かけるという状態ですので、単純計算して、クォーターパウンダーを52個食べるという計算になるわけです。

クォーターパウンダーですら、かなりヘビーでしたがこれを52個ともなると、もはや胃袋が持たないでしょう。

しかもこちらの獣の腹、ハンバーガーだけでなくベーコン、豚肉、鶏肉、タマゴなど、ありとあらゆる食材をふんだんに利用し、最大限MAXな重量となっており、食べる前から既にノックアウトしそうではあります。

外国人ならば普通に食えるんじゃないか?と思えるのかもしれませんが、残念ながらそういうわけにもいかないようです。

日本でもこんな店たくさんあります

食べられる幸せよりも、食べない幸せを感じるハンバーガーなのかもしれませんね。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/burger-weighs-13-pounds-branded-13240123

画像掲載元:Wikipedia