ミサイルじゃない!北朝鮮が飛翔体発射で世界に無慈悲すぎる全力逆ギレ!

2019年5月4日に北朝鮮がミサイルを発射した問題ですが、北朝鮮の東部沖に落下し、日米韓に脅威を及ぼすことはなかったとされるも非常に国際問題を脅かす由々しき事態であることは間違いありません。この飛翔体発射は短距離弾道ミサイルだったとされていますが、北朝鮮がこのロケット発射について世界に逆ギレをする事態となっています。

北朝鮮がミサイルを発射

北朝鮮が4日に発射した飛翔体は、アメリカの国防長官代行が「ロケットとミサイルだった」と明らかにしたことで、隣国日本としては非常に恐ろしさを感じてしまいます。

北朝鮮は、「火力打撃訓練」と称して金正恩朝鮮労働党委員長の立ち会いの下、飛翔体を日本海に向けて数発発射しましたがあくまで正常な軍事訓練の一環として自衛のための訓練であることを強調しています。

掟破りとも言える北朝鮮のミサイル発射に各メディアも反応しました。

北朝鮮が「ミサイルではない!」と言うのは何となく理解出来ますが、なんと韓国政府も「短距離(弾道)ミサイルではない可能性が高い」と北朝鮮を擁護する発言をしているのです。

参考 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/08/2019050880047.html

北朝鮮擁護の韓国に対しネットでも炎上する事態となっています。

ホリエモンのロケット発射成功による報復か?とも言われましたが、

いずれにせよ北朝鮮、韓国の不気味な様子に不安視する声も多く聞かれます。

画像掲載元 pixabay

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。