沢尻エリカ(33)に衝撃の黒歴史が!?「別に」よりヤバい過去が発掘される事態に。

沢尻エリカさんというと、2007年に公開された映画「クローズド・ノート 」の舞台挨拶中に起こった平成芸能史に残る「別に」発言がきっかけで芸能活動を休止。前代希に見る黒歴史ではありますが、実はこれ以前にも封印したい黒歴史があったというのです。あの世間から大バッシングを浴びた「別に」以上にヤバい過去とは一体何だったのでしょうか。

お笑いコンビを組んで活動していた過去

高飛車で女王様な雰囲気で「エリカ様」と呼ばれてしまっている沢尻エリカさん。

しかし女優としての演技はさすがで、別に発言で干される前も復帰した後もその演技力に引き込まれてしまうほど。

天性の女優と言っても過言ではない沢尻エリカさんですが、実は過去にお笑いコンビを組んでいたという情報が。

小、中学校の同級生だったグラドルと2003年頃にお笑いコンビ『あみ→ご』を結成していたようだ。高飛車で女王様のイメージからは想像もつかない“エリカ様”はツッコミを担当していたという。沢尻は『いろんな雑誌に企画を出しているんです』と意欲を見せていたが、女優業に芽が出始め、いつの間にかフェードアウトしていったようだ

引用 https://npn.co.jp/article/detail/50272571/

また、2002年にTBSで放送されていた深夜帯バラエティ番組「B-1」に出演していじられていた事もあることから、お笑いが好きだったことが伺えますね。

沢尻エリカさんの黒歴史というと「別に」発言の他、

ハイパーメディアクリエーターの高城剛さんとの短すぎる結婚も話題となりましたが、

どんな時でも注目されるというのは、やはり輝いた旬な女優さんだからこそかもしれませんね。