マジやった!アニメ史上最も有名な「空き地」がリアルに実在したと話題に!

空き地といえば、ドラえもんのシーンで度々登場する公園でもなく、荒野でもないとりあえず、登場メンバーが集まり作戦会議や、何かしらのイベントが執り行われる、作品内において重要で神聖なポイントでもあります。そんな空き地がなんと実際に実在するのではないかということで今ネットで話題となっております。果たしてその空き地はどのようなものなのでしょうか。早速ご覧ください。

 

実在した空き地

この構図に見覚えはないでしょうか。広い芝生の生えた広場に、3つ並ぶ土管。そして背後には住宅街。これはまさしくドラえもんの空き地にほかならないのです。通常、公園内に意図的に土管が置かれるということはあります。しかし空き地は「意図的」ではなく、自然にそのような形態にならなければなりません。

なぜ土管が唐突にここに置かれているのか、何の目的で置いたのか。その経緯は全くわからないが、とりあえず空き地として使えそう。

そんな場所に人は自ずと集まり、ストーリーが展開する。そんな光景が思い浮かびます。
ネットでもこの光景に多いに沸いております。

ちなみに、意図的なドラえもんの空き地は富山県に何故か存在します。

例:ドラえもんの空き地
〒933-0826 富山県高岡市佐野
https://goo.gl/maps/vchKr8EVSN32

昨日はアニメかよ!と思えるような展開の珍事件が起きておりましたが

実際のアニメも現実から取り入れているアイデイアもあるので、ある意味同じものがあってもおかしくありませんね。