小田急線の登戸駅がどらえもん一色!かわいすぎて撮影に夢中になってたら最悪の事態に

image:秒刊SUNDAY

日本のアニメブームは近年ずっと続いているものですが、今年は特にアニメが話題を独り占めした年だった印象を受けます(コロナウイルスを除いて)。鬼滅の刃だけでなく、呪術廻戦や進撃の巨人ファイナルシーズン、エヴァンゲリオン25周年など。おもしろいアニメ作品を挙げたら枚挙に暇がありませんが、元祖アニメ作品も忘れてはいけません。

みんな大好きドラえもん

日本を代表する超大御所漫画家の藤子・F・不二雄氏。その代表作の一つがドラえもんです。この名を知らぬ日本人はおそらくいないでしょう。

image:秒刊SUNDAY

アニメが放送されたのは1973年だそうで、いまだに映画の新作が公開されていることがこの作品の偉大さを物語っています。

そんなドラえもんを意外な場所で発見しました。

小田急線登戸駅

image:秒刊SUNDAY

普段小田急線を利用する機会は少ないのですが、たまたま外出先で乗り換えたときに登戸駅を利用したらとってもかわいいデザインだったのです!

調べてみると、どうやら昨年からこのドラえもん装飾になっているらしく、ファンなら必ず足を運ぶべき場所だなと思いました。

image:秒刊SUNDAY

image:秒刊SUNDAY

image:秒刊SUNDAY

エレベーターがどこでもドアです!!素晴らしいデザイン性!

と思ったらこっちにもありました。

image:秒刊SUNDAY

こちらのほうがサイズ感は人間の身長ぐらいで、リアリティがあります。

どっちもグッドデザイン賞とれます最高です。

更にトイレにまでドラえもんが。

image:秒刊SUNDAY

image:秒刊SUNDAY

ドラミちゃんと一緒に。後ろ姿がかわいすぎます!

筆者これから出かけようと思っているのにこの調子ではいつまでたっても電車に乗れません。

なので、ホームに上がりましょう。

ホームも当然ドラえもんデザイン

image:秒刊SUNDAY

image:秒刊SUNDAY

このドラえもんの笑顔めっちゃかわいくないですか?!

そしてホームに上がった先にもドラえもんデザインが至るところに!

image:秒刊SUNDAY

image:秒刊SUNDAY

自販機までドラえもん。ドラえもんのかわいさに興奮してしまい、写真を撮りまくっていたらなんと

予定していた電車を一本乗り過ごしました。

これだけ写真撮ってたら当たりまえですね。仕方ありません、かわいいが最優先です。

ファンでなくともこれだけ大興奮できる登戸駅、ぜひ興味を持ったら降り立ってみてくださいね。