上級国民の隔離施設がぶっ飛んでいると話題に

新型コロナウイルスの影響で、自宅で待機という状況を余儀なくされました。外出ができないというストレスはあるものの、自宅で作業ができるというメリットも生まれ、人類は新しいライフスタイルを手に入れたのかもしれません。そんな新しい生活に適したとんでもない隔離施設が話題です。

上級国民の隔離施設

ということで、こちらは、あのイギリス、イングランド出身の人気元サッカー選手「デビット・ベッカム」夫妻の生活しているマンションだということです。コロナウイルスの影響で、一般的な生活から隔離され、このようなマンションに住んでいるとのことですが・・・

凄いです。屋上にはヘリポートがある。のは、よくある話ではありますが、まず当たり前のようにプールや、開放感あふれるバルコニー、とんでもなく広いリビングなどがあるようです。

このマンションは、あの世界的に人気の建築家「ザハ・ハディッド」氏によるもののようで、マイアミにあるようです。

価格は、26億6800万円。

メジャーリーグサッカーでは、3月12日から30日間の自粛状態ですが、その期間中ここに住んでいるとのこと。

さすがベッカムほどの経済力がある方々であれば、このような状況でもむしろ楽しんで生活ができる。

自宅でマラソンをする猛者も話題ですが

むしろこちらの生活のほうが悠々自適なのではないかと思えるわけですが、大好きなサッカーは出来ないので、いち早くこの問題が解消されることを願いたいものですね。

画像掲載元:PIXABAY