バス運転手「ヤバイ!遅延しそう、せやショートカットしたろ」→結果

バスは日本でもある程度時間を守って定時に到着するというのが鉄則です。従って大幅に時間がズレてしまうと、乗客に多大なる迷惑を与え、そしてクレームに繋がるので、極力遅延は避けたいものですが、やはり交通渋滞というものもつきものでなかなか一筋縄ではいきません。さてこちらのケースはそんなバス運転手がとんでもない行動をとったということで話題となっております。

 

遅延しそう、せや!

こちら中国のとあるバス会社。
どうやら、定刻に間に合いそうもなく、非常にヤバい状況の運転手。スピードを上げても渋滞などに巻き込まれどうしても間に合いそうもない。

ということでここは一発逆転、危険を承知でショートカットだ!
その結果・・・

御覧ください。(亡くなった方はいませんのでご安心を)

なんとバスの屋根が吹き飛び、上半分がむき出しの状態となっております。一体なぜこのような事になってしまったのでしょうか。こちらのバス、47人乗りで、27人の乗客とバス運転手1人のワンマンバス。

この日は大幅にバスが遅延し、一刻も早く目的地につかなければならないところでしたが、どう考えても時間内に到着することは難しい。

ということで、普段通行しているルートから外れ、ショートカットを試みたわけですが、途中のトンネルにバスが突っ込んだところ高さが足りず、衝突。まるで「ターミネーター2」状態となったようです。

場所は中国のフフホト市、どのような運転手なのかという詳しい情報はわかっていないものの、ショートカットがとんでもない結果に結びつくだけでなく、このような惨事を招いてしまった運転手は今後どのような処罰が下るのでしょうか。

ちなみに奇跡的に全員命に別状は無いということですが、この運転手はi'll be backとはいきそにないですね。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/bus-driver-tries-shave-minutes-13366565

画像掲載元:いらすとや