【悲報】「議員辞職しろ!」丸山和也議員、誹謗中傷がとまらず「議員辞職」の可能性も?

 

アメリカ大統領の奴隷・黒人問題発言で、窮地に立たされている「丸山和也」議員ですが、昨日参院憲法審査会の委員を辞任することが発表されました。この件をうけ問題は更に大きくなってきているようで、そもそも何故そのような問題になっているのかさえわからない状況だ。おそらく今後炎上が鎮火しなければ最悪の事態もあるかもしれない。

丸山氏は「アメリカの大統領を奴隷だった黒人が大統領になった、今では考えられないことだ」という意味の発言を述べたが、世間では「アメリカは奴隷の黒人が大統領になった」というニュワンスで伝わった。それを受け、ネットでは「マスコミの印象操作だ」などとマスコミを批判するものが多く出現した。

しかし、それとは別に丸山氏の発言に怒りを覚えるユーザも多く、丸山氏擁護派とマスコミへの批判を行う派閥がそれぞれネット上で誹謗中傷を行っている。

丸山氏はこれをはやめに収めるためか、委員会を早めに辞職したが、現在もまだ批判は続いている。はたしてこのまま事態が沈静化しなければ最悪議員辞職という可能性も出てくるのか。

<丸山氏の発言>

バカみたいな話だと思われるかもしれないかもしれませんが、例えば今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。はっきり言って。リンカーンが奴隷解放をやったと。でも、公民権も何もない。マーティン・ルーサー・キング(牧師)が出て、公民権運動の中で公民権が与えられた。でもですね、まさか、アメリカの建国、当初の時代に、黒人・奴隷がアメリカの大統領になるとは考えもしない。これだけのですね、ダイナミックの変革をしていく国なんです。

ーネットの反応

・ 議員辞職じゃ済まない

・ 国会議員は辞職しろ

・ 前後の発言聞いてたらどういう意図で言ったのかは普通理解できる。

・ 民主党とマスコミによる言葉狩りと悪意ある編集

・ 自民党のゆるみがとまらないのね。

・ 行列のできる法律相談所で丸山議員から慰謝料をとれるか相談したい

・ だっていま、元奴隷が大統領やってるんだから」 辞職だこれ。

・ 議員辞職するような発言でもないことが良く分かる。

・ 日本がアメリカの州のひとつになれば解決する。

・ 議員辞職もしない考えを示す

・ 場当たりはやめろ。

・ 悪意ある編集

・ 全文を読んだが、これが問題とされる理由がわからんわ

・ 人権擁護法案賛成派の丸山和也先生様がなんでこんなことに…

・ とにかく、一刻もはやく丸山和也氏を辞職させないと

(秒刊ライター:Take)

11 COMMENTS

秒刊名無し

辞職を!と声高くわめきたてる奴らを全員叩き潰すためにヘイトスピーチ規制法案があるんですよ

秒刊名無しさんでー

頭悪いな、こいつら
きっと意味も理解できずに辞職しろと言っているんだろう

秒刊名無しさんでー

「ハッキリ言って」とは言いつつ、言葉を間違えた感が半端じゃない。
説明を省略するどころか、短絡的な思考なんだと思われる話し方だろ。誤解を与えたことには与えたんだろうけど、その配慮の欠けた言葉選びは理解できない。
公職でこの様とかヤバいだろ。

秒刊名無し

この記事も何か悪意を感じるなぁ。
発言内容の切り貼りでどうにでもなる例を自ら実証してるじゃん。

秒刊名無しさんでー

後任に責任押し付けて逃げられる
降格させて端っこに置け

秒刊名無しさんでー

小学生でも分かる意味をプロの記者や政治家が分からぬ訳ないんで、 
意図的な曲解で個人を潰すという卑劣な名誉毀損行為をやってるとしか思えん。  
それをやってる野党マスコミこそ処罰されるべき。手段選んでる余裕無くなったのか最近はこの戦法ばっか。  
こんなんで辞職せにゃならんのなら野党マスコミはとっくの昔に全員辞職済みのはず。
てかこのやり方なら釈迦やキリストでも辞職に追い込める。いや釈迦やキリストみたいな己に厳しい立派な人ほど辞職せざるを得なくなるわ。  
麻生漢字読めんカップラーメン値段知らん戦法が上手くいった成功体験の再現を今年から本格化させようプロジェクトを野党マスコミ連携で始めたとしか思えん。

秒刊名無しさんでー

大統領演説読めば言い方が悪かったとわかるので主旨を説明して謝罪でいいと思うんだが
オバマ大統領は何も言わないしあんまり気にしてないんじゃない
だって奴隷の子孫としての黒人の苦労話語ったのはオバマ大統領本人だし

秒刊名無しさんでー

黒人は 白人の奴隷だよ!(笑)
朝鮮人は 日本人の奴隷だよ!(笑)
シナ人は 日本人の奴隷だよ!

秒刊名無しさんでー

また 学習能力無しのゴミが増えたわぁ 黒人が奴隷なら てめえはゴミだろぉ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。