インド怖すぎ!ヤギがパイソンに捕食される瞬間→呑気に「写メ」

pyton

日本では某アイドルや芸能人を街で発見した場合、なんとなく「写メ」をかます若者が絶えず、その都度写メられた方々はご立腹されていることでしょう。しかし国が違えばその対象も異なる。なんとインドではパイソンがヤギを捕食している間をなんとも写メしているのだという。写真を見ますと、最後まで食べきるまで物珍しそうに撮影を続けております。

日本でもよく見かけるドラマの撮影シーン。こんな時はすかさず写メを取り、SNSにアップという流れは割と常套手段である。もはや日常茶飯事となってしまい、物珍しいものでもないだろう。しかしこのようなエンターテーメントは国が異なれば演出も違う。フィクションではなく「ノンフィクション」。つまりガチのドラマがそこで繰り広げられているわけであります。

pyton

3メートル以上あるパイソンを生撮影。しかしこれ動物の世界だけのことではありません。人間の子供もパイソンは簡単に襲い、飲み込んでしまいます。体で巻きつき徐々に体力を奪うというなんとも不気味な攻撃方法だ。

この写真を共有し、危険を知らせるという点では日本でも「新宿で火事!」「人身事故!」などと同じレベルなのかもしれません。

さて、その後パイソンですが4時間で食事を終え森に帰宅したそうです。

その他画像はこちら
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3076619/Gulp-Horrific-moment-live-goat-swallowed-10ft-python-Indian-nature-reserve.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

1 Comment

秒刊名無し

スレタイのパイソンがバイソンに見えて
何言ってんだこいつって思ったわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。